このブログはあくまで僕が趣味で書いているものですので、もちろん色々な資料を参考にしていますが、きちんと出典を示していないところも多々あります。それでもいいなら、例えばアマチュア演奏家の方がコンサートをやる際にパンフレットに楽曲解説として使いたいとか、いや、もちろんプロの方でもいいんですが、その他これらの文章を実用的に使いたい場合は、どうぞ使ってください。


自分で出典を書かないで文章書いておいてこういうのもなんですが、もし出来れば、このブログから引用しましたとか、書いちゃったりしてもらっちゃったり、そんなことしてもらえると、使われる側としては嬉しいなあと思うんですよね、ええ。ぜひ、「お、こいつの文、使えるじゃん!」と思ったら、少しばかり宣伝していただけますと、嬉しいですねえ、ええ。いや、僕だって、ちゃんと出典とか誰々が書いたとか誰々が言ってたとか、そこそこ書いてますよ、一応ね。


さらにさらに、もし使うときに、一声かけていただけると、なお嬉しいですね。ああ、こんな風に使いたいと思ってくれる人がいるんだな、と思うと、人生の励みになります。このページのコメント欄でも、該当記事のコメント欄でも構いません。「お借りします」とか「○月○日の演奏会で……」とか、何か書いてくれると嬉しいです。もし都合が合えば、その演奏会を聴きに行っちゃうかもしれません。人脈を駆使して友達50人くらい引き連れてチケットさばきに貢献しちゃいます。嘘です。そんなに友達いません……。


あ、でも大学生はレポート書くときとか卒論の参考にとか、使うんじゃないぞ。ちゃんと一次資料あたるんだぞ。僕のことを研究をしたい人は別だけど。


以上です。ふざけて書いていますが、著作権は著者にありますので、ただのパクりとか僕の納得いかないような意味不明な使い方はダメです。その辺のところ、なにとぞお願いいたします。このブログの文章が多くの人の役に立ち、多くの人が素晴らしい音楽を楽しむ、その手助けになれれば幸いです。

最新版 大学生のためのレポート・論文術 (講談社現代新書)
小笠原 喜康
講談社
売り上げランキング: 5,927
CD付徹底図解 クラシック音楽の世界
田村 和紀夫
新星出版社
売り上げランキング: 91,716