ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第3番

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」


ベートーヴェンの5つのピアノ協奏曲のうち最も有名かつ芸術的に成熟した作品。
ルードルフ大公に献げられたこの曲は、当時のフランス軍によってウィーンが占領されていたにもかかわらず、非常に堂々とした、力強いもので、まさに「皇帝」を思わせる(ただしこの副題はベートーヴェンによって付けられたものではない)。


僕が初めてこれを聴いたとき、「ああ、なんて『皇帝』っぽいんだ!!」と驚嘆した。
最も好きな協奏曲である。
沈んだ気分の時この曲を聴けば、不思議と「偉そう」な気分になり、元気になる。
昔はなんと言っても1楽章の勇壮さがたまらなく好きだった。
段々と2楽章の良さに気付いていき、今では2楽章が一番好き。
2楽章の美しさは、ベートーヴェンの他の曲と比べても、抜群に良いと思う。
2楽章は昇天します。そして静かに3楽章へ移っていく、この3楽章も明快な力強さにあふれ、申し分ない。
至福の40分間。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第3番 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第3番
ベネデッティ=ミケランジェリ(アルトゥーロ),ベートーヴェン,ジュリーニ(カルロ・マリア),ウィーン交響楽団

ユニバーサル ミュージック
売り上げランキング : 6006

Amazonで詳しく見る by AZlink