グリーグ:作品集

グリーグ 組曲「ホルベアの時代から」 作品40


バロック音楽を模したグリーグの組曲。ホルベアとは北欧の作家の名前である。
前奏曲、サラバンド、ガヴォットとミュゼット、アリア、リゴドンによる。
どの曲からも、北欧の空気が感じられる。
元はピアノ曲らしいが、専ら弦楽版が有名である。
弦楽ならではの、響きの中にある「優しさ」が実に心地よい。


いかにもグリーグらしい大地からわき出るようなスケールの大きな音楽であると同時に、繊細かつ優美な音楽でもある。
前奏曲の爽快な伴奏、ミュゼットの体の芯を静かにとらえるようなドローン、リゴドンの何とも自然な緩急が、非常に快い。
特にリゴドンのピチカート使いが絶妙。
僕は北欧好きなので、どうしてもひいき目なしでは見ることはできないのだが、「弦楽・バロック・北欧」という要素のかもし出す圧倒的な「優しさ」は誰も異論ないだろう。

グリーグ:作品集 グリーグ:作品集
オムニバス(クラシック),グリーグ,カラヤン(ヘルベルト・フォン),ヤルヴィ(ネーメ),デイヴィス(サー・コリン),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団,ギレリス(エミール),エーテボリ交響楽団,コワセヴィッチ(スティーヴン),BBC交響楽団

ユニバーサル ミュージック クラシック
売り上げランキング : 6894

Amazonで詳しく見る by AZlink