ニューイヤー・コンサート1991

ヨハン・シュトラウスⅠ世 ラデツキー行進曲 作品228


シュトラウスファミリーのパパ、Ⅰ世の代表曲。
ラデツキーというのは人の名前で、オーストリアの将軍。彼を称えて作られた曲である。
弾けるように明るい序奏から、静と動が繰り返される行進曲。
世に数あるマーチの中でも、抜群の知名度と華やかさは圧巻。
華麗で品格ある行進曲というのは、アメリカン・マーチにはない良さであろう。
息子達の大活躍の中でも彼が音楽史から消えなかったのは、この曲のおかげと言ってもいいくらいではないか。


やはりニューイヤーコンサートのアンコールを述べるしかあるまい。
恒例となっているこの曲だが、指揮者によって毎年違った雰囲気を楽しめる。
短い曲であるが、ああ、この人はこういう風にこの音楽を作るんだな、というのが非常に感じれられる曲だ。
ちなみに僕が初めてクライバーの指揮を見たのはこの曲である。
感想は、「自由だな~!!」である。まあ大体どんな指揮者もこの曲の指揮は自由だ。
そんなに難しい訳でもないし、ウィーンフィルにとっては十八番である。
ちょっとだけ紹介すると、クライバーは自由過ぎ、カラヤンは最小限の動き、アバドはすごく楽しそう、小澤は踊り過ぎ、2008年のジョルジュ・プレートルは観客の方を向き過ぎ、と、各々幸せそうである。
少なくともこの間見たパーヴォ・ヤルヴィがブル7を振った後なんかより断然幸せそうである。当たり前だが。
2009年はダニエル・バレンボイムだそうだ。どんな音楽作りか、どんな指揮をするのか気になるところ。

ニューイヤー・コンサート1991 ニューイヤー・コンサート1991
アバド(クラウディオ),Jo.シュトラウス,J.シュトラウス,E.シュトラウス,J.シュトラウス(1世),モーツァルト,シューベルト,ランナー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ユニバーサル ミュージック クラシック
売り上げランキング : 157668

Amazonで詳しく見る by AZlink