サティ:きみがほしい

サティ 3つのジムノペディ


サティの作品の中で知名度が高く、様々な形式で編曲されて用いられる曲というと、この曲とジュ・トゥ・ヴである。
ジャズやボサノバ、軽めのテクノといったカフェミュージック好きの僕にとっては、サティの作品は至高の音楽。
音楽界の異端児であり、技法・旋法で多くの後の作曲家に影響を与えた。
彼の音楽、特にピアノ小品は、まさに「家具の音楽」で、今までのクラシック音楽とはちょっと趣を殊にする。
ジムノペディとは古代ギリシアの「ギュムノパイディア(γυμνοπαιδια)」に由来する。
ギュムノパイディアとは、アポローンやバッカスの神々を讃え、酒を酌み交わし、裸の青年達が踊り、運動場で騒ぐ祭典である。
サティは、その様子が描かれた壺(似たようなのが今はルーブル美術館にある…はず。)を見て、曲想を受けたのだ。


サティが何を思ったかまでは図りかねるが、このようなドンチャン騒ぎの祭の名を冠した曲がなぜこんなに静かなのか、考えてみるのも面白い。
古代の祭典が描かれた壺、「動」を抱えてたたずむ「静」の不可思議な物体。
裸のアポローンやゼウスが、(今にしては少し滑稽な)運動の格好で固まっている。
動きだそうとしても、なかなか動き出せないこの3拍子の緩やかな曲は、第1番 ゆっくりと痛ましげに、第2番 ゆっくりと悲しげに、第3番 ゆっくりと厳かに、と付されている。
彼には、裸の青年(あるいは神々)達は痛ましげに、悲しげに、厳かに映ったのかも知れない。


奥が深い作品であると同時に、どこまでも軽い、空気のような作品でもある。
もしかすると、僕たちが「ジムノペディ」について思いめぐらせば思いめぐらすほどに、サティは鼻で笑うのかもしれない。

サティ:きみがほしい サティ:きみがほしい
アントルモン(フィリップ),サティ

ソニー・ミュージックレコーズ
売り上げランキング : 10142

Amazonで詳しく見る by AZlink