サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」/フランク:交響曲ニ短調

サン=サーンス 交響曲第3番ハ短調作品78「オルガン付き」


フランス後期ロマン派の作曲家、サン=サーンスの作品のうちで、最高の作品と言ってもよいだろう。
サン=サーンスはいわゆる神童・エリート・天才肌で、フランスの音楽家の中で、唯一国葬で送られた作曲家である。
彼が一番芸術的に円熟していたであろう時期の作品で、彼自身この作品に「私の全てを注ぎ込んだ」としている。
最大の特徴はなんといっても「オルガン」であり、パイプオルガンが非常に重要な役割を担い、壮大な雰囲気を持つ。
通常の1、2楽章を第1部、3、4楽章を第2部とした2部構成の曲で、「循環形式」(ある主題が曲全体に渡り登場すること)を用い、統一感を持たせている。
リズム・和音が様々に変化しつつも、ある決まった印象を与え続けるのは、サン=サーンスの見事な手腕。
そういった綿密さとスケールの大きさの共存が、この曲を誰もがうなずく傑作たらしめているのだろう。


以前吹奏楽に編曲された、世にも珍しいオルガンなしの「オルガン付き」を聴いたことがある。
聴く前は友人と「オルガンなしで…?」と残念というか全く期待していなかったのだが、聴き終わったら「案外良かったね…」と二人で驚いた。
もちろん演奏そのものが上手かったというのもあるが、編曲してもしっかり良さは残る、これはやはり名曲と言わずにはいられない。


サン=サーンスらしさというべきか、オルガンだけでなく、ピアノの使い方も実に憎い。
第2部プレストのハープのような音階、マエストーソのこそばゆい程のアルペジオ伴奏はそれだけでも鳥肌ものだ。
オルガンが圧倒的なのはハ長調主和音の強奏。
いざフィナーレへと向かう鬨の声のごとく、或いは天の裂け目から光が麗々と降ってくるかのように鳴り響く。
後半、マエストーソ以降のオルガンで僕が特に感激する点は2つ。
まずffで弦五部とオルガンが循環主題を奏でるところ、ここのオルガンが4分音符、弦が8分音符という長さの違いが、非常に美しいハーモニーになる。
そしてはずせないのは、一番最後のフェルマータ。
曲の終わり、興奮も極まった最後の和音が、指揮者によって切られた瞬間、その余韻である。
管弦とオルガンの異なる余韻は、筆舌に尽くせない絶妙な感覚だ。

サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」/フランク:交響曲ニ短調 サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」/フランク:交響曲ニ短調
レナード・バーンスタイン

SMJ
売り上げランキング : 1541

Amazonで詳しく見る by AZlink