メシアン:トゥーランガリラ交響曲、他

メシアン 世の終わりのための四重奏曲


オリヴィエ・メシアンは20世紀フランスを代表する作曲家で、昨年2008年は生誕100周年であった。
世界各地で彼の作品が演奏され、この曲を含め、日本でも例年以上に演奏会でメシアンが取り上げられていた。
神学家であり鳥類学者でもある彼は、共感覚者でもあり、彼独自の高い音楽性の由縁といえる。
「世の終わりのための四重奏曲」は、彼が第二次世界大戦中に捕虜となり、収容されていた時、1940年に作曲されたもの。
ヴァイオリン・クラリネット・チェロ・ピアノという変わった編成で、それは収容所内で出会った3人の音楽家と自分のための作品だからである。
メシアンは多くの宗教作品を残しており、これもその1つで、イエスの不滅性・不死性、永遠の安息日を思い讃えた曲になっている。
Ⅰ.水晶の礼拝 Ⅱ.世の終わりを告げる天使のためのヴォカリーズ Ⅲ.鳥たちの深淵
Ⅳ. 間奏曲 Ⅴ. イエスの永遠性に対する頌歌 Ⅵ.7つのらっぱのための狂乱の踊り
Ⅶ.世の終わりを告げる天使のための虹の混乱 Ⅷ.イエスの不死性に対する頌歌
この8楽章で構成されている(「8」は天地創造の安息日である7日目が、永遠に延長される8日目由来とのこと)。


キリスト教の持つ世界観とその深みというのは、どうも日本人にはよくわからないところが多い。
もちろんわからなくとも、ただ聴いて「天に召される」ような美しい曲はたくさんあるのだが、この「世の終わりのための四重奏曲」はどちらかというと、味わうにはある程度の教養というか理解というか、そういう「世界観へのアプローチ」が必要な曲である。
無論、名曲として残っている以上、楽器の特性を生かした旋律作りの上手さ、メシアン節とも言えるある種奇妙な語法、響きの美しさなどは申し分ないのだが。
『ヨハネの黙示録』第10章からインスピレーションを受け作曲されたこの作品は、キリストの再来と神の国の到来、それを告げる天使とそのラッパ、イエスとその国の永遠性、という意味を持っている。
天使は世の終わり(End of time)を告げ、鳥は天国とその平穏を静かに歌い、天使を喚起する。
天使のラッパは災いを告げ、人は恐れ焦り、世は終わりへと向かう。
最後は永遠の神の国、イエスの不死を讃えるような、瞑想的なチェロ、鳴りやまないヴァイオリンの調べ。
こういったキリスト教世界観がベースにある作品である。
黙示録による世界を想像すると、特に曲の最後などは鳥肌ものだ。
また、クラリネット・ソロによる「鳥たちの深淵」、総ユニゾンの「7つのらっぱのための狂乱の踊り」、など、所謂「聴きどころ」も押さえておけば、コンサートでも楽しめる。


収容所のメシアンが描く天地創造、彼は黙示録から何を受け取ったのか。
疑わしくも、どこまでも敬虔な響きを堪能したい。

メシアン:トゥーランガリラ交響曲、他 メシアン:トゥーランガリラ交響曲、他
ラトル(サイモン)EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
売り上げランキング : 19513

Amazonで詳しく見る by AZlink