ショーソン 終わりなき歌


Bois frissonnants, ciel étoilé      森はざわめき、夜空には星が瞬く。
Mon bien-aimé s’en est allé      愛しい人は、去ってしまった。
Emportant mon coeur désolé.      悲嘆にくれる私の心を持ったまま。
Vents, que vos plaintives rumeurs,  風よ、お前の嘆きのざわめきで、
Que vos chants, rossignols charmeurs, 夜うぐいすよ、お前の魅惑の歌声で、
Aillent lui dire que je meurs.      あの人に告げに行ってくれないか―私は死ぬ、と
Le premier soir qu’il vint ici,     あの人がここへ来た最初の夜、
Mon âme fut à sa merci;        私の心はもうあの人の思いのままだった。
De fierté je n’eus plus souci.    私はもはや自尊心などかなぐり棄てた。
Mes regards étaient pleins d’aveux.  私のまなざしはもう何もかも許していた。
Il me prit dans ses bras nerveux   彼は逞しい腕で私を抱きしめ、
Et me baisa près des cheveux.     私の項にくちづけしたのだった。
J’en eus un grand frémissement.    私はその時、激しく身を震わせた。
Et puis je ne sais plus comment    そのあと、どのようにして彼が
Il est devenu mon amant.       私の愛人となったか私には判らない。
Je lui disais: “Tu m’aimeras     私は言った”いつまでも、出来るだけ長く愛して”
Aussi longtemps que tu pourras.”   私はもう彼の腕に抱かれていなければ
Je ne dormais bien qu’en ses bras.  安眠することもできなかった。
Mais lui, sentant son coeur éteint,  それなのに、あの人は自責の念に駆られて、
S’en est allé l’autre matin        ある朝、私を置き去りにしたまま、
Sans moi, dans un pays lointain.   どこか遠くの国へ立ち去って行ったのだった。
Puisque je n’ai plus mon ami,     もはや頼るべき友達もなく、
Je mourrai dans l’étang, parmi    私は海岸の沼地で花に埋もれ、
Les fleurs sous le flot endormi.   静かな波の下で死んで行く。
Sur le bord arrivée, au vent     海岸へ辿りついたら、私は風に向かって
Je dirai son nom, en rêvant      彼の名を呼ぶだろう、そこでいつも
Que là je l’attendis souvent.     あの人を待ちわびていたことを思いながら、
Et comme en un linceul doré,     そして、まるで金色の屍衣に包まれたように、
Dans mes cheveux défaits, au gré   私の乱れた髪の中で
Du vent je m’abandonnerai.      風のまにまに、身を委ねよう。
Les bonheurs passés verseront     過ぎし日の幸せは、その甘美な光を
Leur douce lueur sur mon front,    私の額に注いでくることだろう。
Et les joncs verts m’enlaceront.   そして緑の燈心草が私を搦め包んでくれるだろう
Et mon sein croira, frémissant    そして、私の胸はときめきながら、
Sous l’enlacement caressant,     そのやさしい抱擁のもとで、
Subir l’étreinte de l’absent.     去って行ったあの人の想いをしのぶだろう