ベートーヴェン 交響曲第2番 ニ長調 作品36 かつてこのブログで交響曲第3番「英雄」を取り上げた際、「英雄」は交響曲の革命児だと書いた。ということは、その1つ前の第2番は革命を起こす直前、いわばアンシャン・レジームの真っ只中にいるわけだ。ものは言い様かもしれないが、確かにこの作品には熟れに熟れた古典派交響曲の魅力が詰まっている。 ハイドンやモーツァルトの交響曲の様式から脱却してオリジナリティを表 […]