ヘンツェ イル・ヴィタリーノ・ラッドッピアート ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ(1926-2012)は、ドイツの近現代を代表する作曲家で、数多くのオペラやオーケストラ作品などを残している。特に、当時革新的であった十二音技法や無調などの技法と、伝統的・保守的な音楽との、ちょうど中間の様式を採用した作品が多く、今回取り上げる曲もまさにその作風が色濃く反映されている作品だ。 CDジャーナルのレビューで「有 […]