オッフェンバック 「天国と地獄」序曲 オペラの序曲を単独で取り上げるのには少し抵抗があることもあるが、さすがにこのレベルの曲になると、まったく抵抗はない。これはもはやクラシック音楽の“顔”である。 これほど有名になるのも当然だとうなずけるほどに、実によく作られた名曲である。この曲を生み出したオッフェンバックは、ドイツ生まれで後にフランスに帰化した作曲家。オペレッタの祖として語られる事が多い。ちなみ […]