グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲 グリンカの作品を知る人は、まずこの曲に魅了された人、という人がほとんどだろう。 華やかで軽やかで、本当に「序曲」とはオープニングを飾るためのものだ、としみじみ思ってしまう。 1842年、彼の第2作目のオペラとなる「ルスランとリュドミラ」は、ロシア語によるオペラの先駆けとなったものだ。 グリンカは、ロシア国民楽派の作曲家としてもパイオニア的存在で、ロシア五 […]