ジャヌカン 「鳥の歌」、「その昔、娘っ子が」、「この美しい五月」 クレマン・ジャヌカンは15世紀の終わりから16世紀にかけて活躍した、シャンソンの作曲家である。 僕はあまりシャンソンには詳しくないが、ジャヌカンの作品は、古典音楽として非常に素晴らしいものに思う。 多くの作品のうち、ここではいつくかの世俗的シャンソン(多声のもの)について紹介する。 「鳥の歌」はジャヌカンの最も有名な作品の1つで、最 […]