セヴラック 農事詩「大地の歌」 もしマーラーの大地の歌を検索してこの記事にたどりついた人がいたら申し訳ないのだが、マーラーではなくセヴラックというフランスの作曲家のお話。 農事詩とあるが、厳密には「7部からなる農事詩」であり、農作業、自然とそれに携わる人々の風景が題材である。 このような題材からしてもう説得力が十分だが、セヴラックという作曲家は、コルトーをして「田舎の作曲家」と言わしめ、ドビュッシ […]