クラシック音楽の楽曲に関する話題を中心に、芸術について考えたこと、哲学・文学・美学などのちょっとアカデミックな話、聴きに行った演奏会や観に行った展覧会、うちの猫ちゃんのことやクラシックCD聴き比べ、その他日常の諸々を含め、適当な文章を書き綴っていきます。「ボクノオンガク」というブログ名は、よくあるパソコンの音楽フォルダ名“My Music”の和訳と、小澤征爾さんの本『ボクの音楽武者修行』から。

ダンディ
ダンディ 弦楽四重奏曲第1番:トゥ・ワーグナー・ウィズ・フランク

ダンディ 弦楽四重奏曲第1番:トゥ・ワーグナー・ウィズ・フランク

ダンディ 弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 作品35 ダンディの最も有名な作品「フランス山人の歌による交響曲」でブログを更新したのが2009年6月。それから8年半が経ち、さすがに僕自身のクラシック音楽の知識や文章力も多少はアップしているので、ここらでひとつ、ダンディの音楽の良さを世に知らしめるのに一役買ってやろうと思うのだ(なんか偉そうだなあ)。これで2017年のブログ更新は最後になるかしら。今回は弦楽 […]
ダンディ フランス山人の歌による交響曲:洗練された田舎歌

ダンディ フランス山人の歌による交響曲:洗練された田舎歌

ダンディ フランス山人の歌による交響曲 作品25 ポール・マリ・テオドール・ヴァンサン・ダンディは、フランクの弟子であるフランスの作曲家である。 彼の作品の中で最も有名なものは、この「フランス山人の歌による交響曲」だろう。 別名「セヴァンヌ交響曲」ともいい、ダンディがセヴァンヌの山並みを望む街ペリエにて、1886年の夏、耳にした民謡を主題にしていることからそう呼ばれる。 また、ピアノが非常に目立つ […]