ヒンデミット ウェーバーの主題による交響的変容 ロマン派音楽からの脱却を目指し、新即物主義を推進したヒンデミットの音楽は、保守的な音楽を望むナチスによって「頽廃音楽」と見なされた。 確かにヒンデミットの音楽は取っ付きにくい印象もありるが、新古典主義寄りの作品は聞きやすいものも多く、それでいてヒンデミットの卓越した音楽性も十分感じることが出来る。 そういう意味でヒンデミット作品の中でもオススメするこ […]