フィンジ エクローグ~ピアノと弦楽のための 作品10 今年はドビュッシーやフランセがアニバーサリーなだけあって、フランス音楽で盛り上がるものだと思っていたが、そういえばロンドンでオリンピックがあるのだった。このロンドン・フィーバーに乗って、英国クラシックは各方面でプッシュされている。ファンとしては嬉しい限りだ。 僕のイチオシはなんといっても我が愛すべきレイフ・ヴォーン=ウィリアムズなのだが、実際の […]