フサ プラハ1968年のための音楽 吹奏楽を取り上げるなら、この曲はどうしても外せないという曲がいくつかあるが、この曲もその一つである。もし吹奏楽を軽んじているようなクラシック音楽ファンがいたら言っておきたい。この作品に触れたかの名指揮者ジョージ・セルは、大変感動し、作曲者のフサに管弦楽版への編曲を依頼したほどだ。セルは吹奏楽でやらないのかよ、これだから吹奏楽は……というツッコミはなしでお願いした […]