ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18 最も人気のあるピアノ協奏曲といったら、やはりラフマニノフの2番なのではないだろうか。 有名なエピソードがある。1897年、交響曲第1番がグラズノフ(ほろ酔い)指揮による駄演で大失敗に終わり、ショックで後3年間想像力が全く湧かない程にうつ状態に陥ったラフマニノフが、すぐれた催眠療法の医師であるダール氏の治療を受け、彼から繰り返しこの言葉を受ける 「あ […]