ラモー 組曲二短調 ジャン=フィリップ・ラモーは、バッハやヘンデルと同時代の、フランスの作曲家である。 クープランと並びフランスのバロック時代を代表する作曲家で、ヴェルサイユ宮廷のために多くのオペラを書いたことで知られる。 彼は教会でオルガン奏者を務めていた父から鍵盤の手ほどきを受け、彼自身もまた教会でオルガン奏者として活躍していた。 現在でも名高い彼のオペラ作品の楽曲は、彼のクラウザン(ハープシ […]