ルクー ヴァイオリン・ソナタ ト長調 1870年に生まれ、1894年にわずか24才という若さでこの世を去った、ベルギーの天才作曲家ギョーム・ルクーの、最も有名な作品と言える。 彼はベートーヴェンやワーグナーの音楽と出会い、その魅力に心奪われ、作曲を目指したという。 いつもベートーヴェンの弦楽四重奏のスコアを持ち歩いていたとか、バイロイトで「トリスタンとイゾルデ」を聴いた際失神して担架で運ばれたとか […]