ルーセル 交響曲第1番「森の詩」 先のエントリーで紹介したサティや、フランス音楽の双頭ドビュッシー、ラヴェルと同時代の作曲家、ルーセルの最初の交響曲。 1904年に完成し、1908年にブリュッセルで初演された。 第1楽章 冬の森 (Foret d’Hiver)、第2楽章 春 (Renouveau)、第3楽章 夏の夕べ (Soir d’Ete)、第4楽章 牧神と森の精 (Fa […]