ヴュータン ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ短調 作品31 アンリ・ヴュータンは先に取り上げたイザイの師であり、フランスで活躍したベルギーの作曲家である。 ルクレールやド・ベリオらから始まる「フランコ=ベルギー楽派」確立の立役者と言っても良いだろう。 「ヴァイオリン協奏曲史」に燦然と輝く(と僕は勝手に礼賛するのだが)フランコ=ベルギー楽派の系譜は、このブログでも取り上げたイザイやスペイン交響曲で有名な […]