ウィーン弦楽四重奏団 演奏会

Spread the love


11月18日にウィーン弦楽四重奏団の演奏会に行ってきました。会場はノバホール。
弦四好きとしてはウィーンSQの演奏会とか正直たまりません。
ずっと楽しみにしていて、サイン貰おうとCDも持参し、早々と会場入り。良い席です。


ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」
モーツァルト:弦楽四重奏弦楽四重奏曲第17番「狩」
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」


ハイドンで泣きそうになり、モーツァルトで震えました。
そしてシューベルト、こんなにも素晴らしいのか!と感動しました。
ウィーンSQの死と乙女は、CDでも何度も聴いていましたが、そりゃクオリティは録音の方が高いですよ、そんなの当然ですが、生の演奏はこんなにも素晴らしいのか!と感動したのです。
彼らはまるで命を削って音楽しているようでした。魂を感じましたよ、本当に。


アンコールはシューベルトの10番4楽章。これも素晴らしい曲です。


会場がスタンディング、久しぶりでした。
思わず立ち上がったら、膝の上のカバンが落ちて、中のCDのケースにひびが。
死と乙女のCDでした。彼らの演奏が、このCDケースにひびを入れたんですよ。あなおそろしや。笑


こんな素晴らしい演奏を、こんな破格で聴けて、ヒンク氏をはじめメンバーの方々の、このイベントへの愛と主催者の方々との友情のおかげですね。
僕も可能な限りメンバーに愛を伝えてきました。もちろん、死と乙女のCDにもサインもらいましたよ。笑
秋の終わりの、温かく、そして熱い演奏会でした。この音楽にかかわったすべての方にブラヴォー!

ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」 ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」
ウィーン弦楽四重奏団

カメラータ・トウキョウ
売り上げランキング : 5255

Amazonで詳しく見る by AZlink

Author: funapee(Twitter)
都内在住のクラシック・ファンです。趣味は音源収集とコンサートに行くこと、つまりひたすら聴くだけ。演奏することにはほぼ興味・情熱はありませんが、それでもときどきピアノを弾いたり、バンドでドラムを叩いたりシンセサイザーを演奏したり、あるいは作曲・編曲をしたりします。more

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
↑もっとちゃんとしたクラシック音楽鑑賞記事を読みたい方は上のリンクへどうぞ。たくさんありますよ。


Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください