SONY DSC


チェコの名門カルテット、パノハ弦楽四重奏団のコンサートに行って来ました。


2009年12月4日(金)
ノバホール


モーツァルト 弦楽四重奏曲第17番 変ロ長調K.458「狩」
ヤナーチェク 弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
シューベルト 弦楽四重奏曲第10番 変ホ長調 Op.125/1 D.87


まあ当然ヤナーチェクに期待がかかるわけですが、期待を上回る情熱的な演奏で、実に印象的でした。
もちろんモーツァルトもシューベルトも素晴らしかったです。シューベルトの緩徐楽章はもう本当にいい気分。
あ、アンコールのドヴォルザークが一番良かったかも。笑


40年近くメンバーの入れ替えなしで活動しているそうです。
あの一糸乱れぬアンサンブルには感動でした。


翌日にはトッパンホールでフィビヒの弦楽四重奏曲をやったようです。
聴きたかったなー。なかなかフィビヒなんて聴く機会ないし。
あんな素晴らしい交響曲を作る人なんだから、きっと弦楽四重奏も素敵なんだろうな。


あと、パノハさんが入場するときメガネ落っことしたのが面白かった。

ハイドン & メンデルスゾーン: スメタナ四重奏団 ライヴ・イン・ジャパン ハイドン & メンデルスゾーン: スメタナ四重奏団 ライヴ・イン・ジャパン
スメタナ四重奏団,パノハ四重奏団,ハイドン

コロムビアミュージックエンタテインメント
売り上げランキング : 27930

Amazonで詳しく見る by AZlink