東浦亜希子 ピアノリサイタル

Spread the love

シューマン: 幻想曲 ハ長調 Op.17/ヘンレ社/原典版


シューマンで博士号を取得した東浦亜希子さんのリサイタルに来ました。幻想曲ファンとしては気になるところです。アフィニス、来たのはなんと2012年以来、7年ぶり……。


【東浦亜希子 ピアノリサイタル】
(2019年6月23日、JTアートホール アフィニス)
クレメンティ:ピアノ・ソナタ 嬰ヘ短調 作品25-5
スクリャービン:ピアノ・ソナタ第2番 嬰ト短調 作品19「幻想ソナタ」
スクリャービン:ピアノ・ソナタ第5番 作品53
シューマン:幻想曲 ハ長調 作品17
アンコール ショパン:12の練習曲 作品25 第6番、シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 作品6 第14番


クレメンティのソナタが演目に上がるなんて珍しいですね。子どもの頃クレメンティ弾きましたよ、懐かしい名前です。クレメンティについては、モーツァルトが批判的に書いたものが残っており、そのせいで評価されていないようなんですが、ベートーヴェンなんかは高く評価していたそうです。パンフレットに書いてありました。確かに、いかにもイタリアンな、技巧的なパッセージなんかも見られて、良い曲ですね。でもそれ以上のものは、僕の足らない頭では何も感じられませんでした。こういう曲もあるんだな、くらい。


スクリャービンのピアノ・ソナタは全てが名曲と言ってもいいくらいですし、僕も3番はこのブログで書きましたが、2番も良いですし、5番は言わずもがな。東浦さんのピアノも安定していて、とても素敵でした。クレメンティが噛ませ犬なんじゃないかってくらい。2番の連綿と歌い続けるところ、5番の速いパッセージも、聴かせますね。満足です。


期待のシューマン、なるほど、さすがって感じでした。いやー、良かったですよ。統一された、詩的な世界観が完成されていました。シューマンはこういう、徹底してロマン的世界観に浸れる演奏が、やっぱりスタンダードとしてあるべきですよね、と、聴きながらかってに「うんうん」と頷いていました。別に僕は弾けやしないんですが(笑) 音色も美しく統一されていましたが、1楽章の最後はいっそう輝いていましたね。今まで心の中に在った、音が、すっと天へ飛んでいました。あれは良かった……。そして2楽章、安定したリズム感、ここまでリズムをキープするのかと、マーチなのかと、恐れ入りました。遊びまくるんじゃなくて、こういう真面目な演奏好きな人、結構いそうですよね。僕も好きですよ。この真面目なリズムとテンポが産むもの、生む価値ってのは確実にありますよ。それだけに最後の最後でちょっと崩れちゃったのが残念でしたが、表現は伝わったので楽しめました。3楽章は最高です。満喫、満喫。またの機会があれば、東浦さんのシューマン、ぜひ聴きたいですね。

シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集、幻想曲
内田光子
ユニバーサル ミュージック (2017-01-25)
売り上げランキング: 10,103

Author: funapee(Twitter)
都内在住のクラシック・ファンです。趣味は音源収集とコンサートに行くこと、つまりひたすら聴くだけ。演奏することにはほぼ興味・情熱はありませんが、それでもときどきピアノを弾いたり、バンドでドラムを叩いたりシンセサイザーを演奏したり、あるいは作曲・編曲をしたりします。more

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
↑もっとちゃんとしたクラシック音楽鑑賞記事を読みたい方は上のリンクへどうぞ。たくさんありますよ。


Spread the love