Groove Of Life


神保彰ワンマンオーケストラとは、ドラムセットに、メロディーの出るよう設定されたパッドを加えて、神保彰がリズムを叩きながらメロディーも叩いちゃう、という曲芸のようなドラミングです。縁あって友人から誘ってもらったので、1月4日のお正月ライブに行ってきました。渋谷DUOにて。開演前にドラムセット見学撮影OKのようなので、見てみましたが、ようわからん(笑)


ワンマンオーケストラはテレビで見たことがあって、そのときは、ああ、神保さんカシオペアのイメージとは全然違う、あらぬジャンルに行ったんだなー、と感心? というか呆然としてしまったんですが、生で見てみて、やっぱりフュージョンの人だと確信できるドラミングでした。いかにもフュージョンのフィルイン。これがまたカッコ良い!


いやまあ、フィルインの話くらいしか出来ないですよ。あと基本のビートの凄さとか、圧倒的なグルーヴ感とか。普通の上手い人じゃん(笑) ワンマンオーケストラに関しては、もう完全に閉口です。他の追随を許さないとはこのことですね。神保彰を世界一のドラマーと言う人も少なからずいますが、確かにこのジャンルでは彼は唯一無二のダントツ一位です。こんなのできる人、やろうと思う人、他にいないでしょ……。


僕も趣味でドラムをやるし、またピアノもやってるので尚更というのはあるんですが、確かにドラムをやりつつも「メロディーやりたい!」っていう気持ちが湧いてくることはあるんですよね。まあ実際にやらないのが普通の人なんでしょうが、彼はやった。それは本当にすごいことです。


セットリスト
前半
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
Earth, Wind & Fire メドレー
ザ・ピーナッツ メドレー
ピアソラ:リベルタンゴ
チックコリア:スペイン
I’ll Be With You(オリジナル)
ザ・ビートルズ:ヘイ・ジュード


後半
カシオペア メドレー
ジンボ・デ・カヴァー2 メドレー
ミッション・インポッシブル
パイレーツ・オブ・カリビアン


アンコール
マイケル・ジャクソン メドレー


1曲目からベートーヴェンの運命で、クラシック好きとしてはちょっと嬉しかったです(笑) Earth, Wind & Fireやザ・ピーナッツなど、幅広い客層が楽しめる選曲でした。後半一発目でカシオペアをやってくれるところも、ファンサービスの精神ですね。ジンボ・デ・カヴァー2というカヴァー・アルバムの収録曲をほぼ全部メドレーでやったり(演奏時間30分ほど)、最後に一番有名なミッション・インポッシブルとパイレーツ・オブ・カビリアンのどっちか選んでとお客さんにふって、どっちもと言われたので両方とも演奏してくれたりと、楽しませてくれました。


開演前に神保さんの奥様とお話しする機会がありました。とても美人な方で、旦那さんの色々な話をしてくださいました。やっぱりね、練習の鬼だそうです(笑)

Jimbomba Jimbomba
神保彰

キングレコード
売り上げランキング : 136290

Amazonで詳しく見る by AZlink