ショパン 4つのスケルツォ/ピアノ・ソナタ第3番

5月29日(土)、クシシュトフ・ヤブウォンスキのコンサートに行ってきました。
東京芸術劇場大ホールにて、オール・ショパンプログラムです。


ノクターン1番
ワルツ2番
スケルツォ3番
プレリュード13番
マズルカ13番
舟歌
ワルツ9番別れ
エチュード25-3
プレリュード24番
休憩
プレリュード17番
バラード1番
幻想即興曲
エチュード黒鍵
ノクターン5番
小犬のワルツ
エチュード10-10
ワルツ10番
ポロネーズ5番
(アンコール)
エチュード革命
ノクターン遺作
プレリュード7番


プログラムの変更がたくさんあったのですが、そのおかげで大好きなバラード1番と、聴きたかった黒鍵が聴けて良かったです。
ショパンコンクールでヤブウォンスキが入賞した際の録音を昔から聴いていて、その黒鍵は印象に強く残っています。
ブーニン旋風が巻き起こったコンクールでしたが、ルイサダやヤブウォンスキの演奏も僕にはとても印象深いものでした。なんせ幼かったものですから。
もう二十数年前の録音と、このショパン・イヤーの演奏と、聴き比べたかったと思っていました。
ヤブウォンスキは確固たるショパン弾きの地位を得てきたのですから、やはりその変化が一番気になっていました。
まあその感想は心の中にしまっておくことにします。笑


アンコールは3曲、特にカーテンコールで戻ってきたとき、ピアノの椅子を指さして、「ここかい?」と言うようなアクションはとってもお茶目でした。2曲終えて、親指と人差し指で「じゃあラスト短いのね」とやって、プレリュード7番。
本日の演奏会も良い薬でした。笑

ショパン 4つのスケルツォ/ピアノ・ソナタ第3番 ショパン 4つのスケルツォ/ピアノ・ソナタ第3番
クシシュトフ・ヤブウォンスキ,ショパン

アイエムシーミュージック
売り上げランキング : 51253

Amazonで詳しく見る by AZlink