ブレーン アンサンブルコレクションVol.10 バリ・テューバアンサンブル 喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション


10月2日、Low Brass Sounds Laboratory 第3回コンサートに行って来ました。昨年は僕もドラムとして参加させていただいたので、お世話になった団体さんとして、今年も楽しみにしていました。


開始ぎりぎりに会場のカピオホールにすべりこみ、なんとか1曲目に間に合いました。全13曲(+アンコール)の盛りだくさんな内容。


第1部
J.Stevens Power
八木澤教司 アマゾネス
J.Cymbal/N.Maeda Mr.Bassman
A.H.Bartles When Tubas Waltz
八木澤教司 オアシスと3匹の狼たち
J.Stevens Dances


第2部
J.E.Winner/M.Kawahara Little Brown Jug
H.Mancini/J.Krush The Pink Panther
A.Frackenpohl Pop Suite
H.Mancini/I.Luis Baby Elephant Walk
F.Lehar/鈴木英史 喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション
G.Holst/D.R.Werden March for Military Suite in F
J.Olibadoti/J.Nakamura 序曲「バラの謝肉祭」


アンコール 明日があるさ


個人的にはピンクパンサーのアレンジが楽しかったかな。あとはホルストか。原曲のユーフォニウムソロ、この編成での意義はいかに。笑 僕はバリチュー好きなので、楽しませていただきました。


会場に行ったら、今回の演奏会に乗っていない同期2人が聴きに来ていていました。彼らと一緒に演奏者終了後、メンバーたちと色々おしゃべりしました。昨年ドラムやっただけなのですが、みんな温かく迎えてくれてありがたいです。その後は同期2人と、あと打ち上げに行けない演奏者の先輩との4人で、終電までちょっとだけ飲みました。こちらもなかなかすごい話題で楽しかったです。


次回もきっとやってくれるだろうと期待してます。楽しい時間でした♪