マーラー:交響曲第8番「一千人の交響曲」(期間生産限定盤)


何を勘違いしたのかサントリーホールに向かってしまい、電車を降りたところでNHKホールだと気づいて急いで向かうというハプニングもありましたが、なんとか間に合って良かったです。急いで歩いたからヱビスの美味いこと。


【N響90周年記念特別演奏会 マーラー「一千人の交響曲」】
(2016年9月8日、NHKホール)
マーラー:交響曲 第8番 変ホ長調「一千人の交響曲」
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ソプラノ:エリン・ウォール
ソプラノ:アンジェラ・ミード
ソプラノ:クラウディア・ボイル
アルト:カタリーナ・ダライマン
アルト:アンネリー・ペーボ
テノール:ミヒャエル・シャーデ
バリトン:ミヒャエル・ナジ
バス:アイン・アンガー
合唱:新国立劇場合唱団
合唱:栗友会合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団


ホールの響かなさを差し引いても、また隣席の臭い上にずっと指揮し続けるおじさんを差し引いても、良い演奏で満足です。さすがパーヴォさんはよくわかってらっしゃる。今のパーヴォ&N響コンビは演奏をぐっと引き締めなければ良さが出ないですし、かと言って引き締め過ぎたら8番をやる意味すら失ってしまうでしょう。飯尾洋一さんも「パーヴォ&N響コンビは、贅肉がそぎ落とされたような引き締まったサウンドによって、鮮烈かつ斬新なマーラー像を打ち立てている」と言いますが、パーヴォは贅肉を削ぎ落としても、いたずらに筋骨隆々たる様を見せつけるのではなく、細マッチョで女の子ウケの良いイケメンみたいな、中庸をよくわきまえている演奏をします。


本音を言えば、この曲は贅肉たっぷりのコテコテ演奏をしなければ、どうしても感激も何もないと思うんですよ。20世紀的演奏が最も相応しい作品です。そういう演奏に飽きた一部のクラシック音楽ファンたちには、今回のような演奏は非常に良かったんではないでしょうか。そうして「これが今まで晒されることのなかったマーラーの音楽の本質」とかなんとか言って悦に入りそうですよね。僕はそうは思いませんし、この音楽の本質はまったく逆のところにあると思っています。ただまあ、今のパーヴォとN響の特徴では、20世紀的激太り演奏は不向きですし、そんな中でも第8交響曲の音楽の“本質”を描こうと努めていたのは感じました。ただただテンポが早いだけでないですし、たっぷり聞かすとこは聞かすし。コテコテに濃くはないけど、シンプルに各々を鳴らして、分離と融合の使い分けが上手く、ザッハリヒカイトにあらず。その辺を踏まえて、パーヴォさんはよくわかってらっしゃるなあと、上から目線で言おうかしら(笑)


何より合唱が良かった。第2部、ひたすらに素晴らしい。歌手はテノールが良かったですね。あとは、小柄なチャイム奏者の乗っていた台を見て、学生時代の吹奏楽団の先輩を思い出しました。そういや台に乗ってチャイム演奏してたなあ……。

マーラー:交響曲第8番《千人の交響曲》 マーラー:交響曲第8番《千人の交響曲》
シカゴ交響楽団 ショルティ(サー・ゲオルグ),ハーパー(ヘザー),ポップ(ルチア),オジェー(アーリーン),ハーバー(イヴォンヌ),ミントン(イヴォンヌ),ワッツ(ヘレン),コロ(ルネ),マーラー,ショルティ(サー・ゲオルグ),シカゴ交響楽団

ユニバーサル ミュージック クラシック
売り上げランキング : 2563

Amazonで詳しく見る by AZlink