【序文】
このブログは基本的にはクラシック音楽について語るブログだが、どうしても記しておきたいと思うに至ったものについては、ここに記録して残しておこう。つまり、アニメ「アイカツスターズ!」の音楽はそれほどに素晴らしい音楽であることは保証したい。ポップミュージックの進化の歴史の最先端は常にアニソンなのだ。なお、前提として、僕はクラシック音楽オタクではあるがアニソンオタクでもないし、アニメオタクでもないと思っている。前作である無印のアイカツについてはそれほど詳しくないし、データカードダスもやったことはない。しかしこんなに1つのアニメにハマったのはローゼンメイデン(2004-)以来かもしれない。自分でもびっくりしている。あ、ネタバレ注意。

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』OP/ED主題歌「スタートライン!/episode Solo」


TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』OP/EDテーマシングル スタートライン!/episode Solo
01 スタートライン!
歌:せな・りえ from AIKATSU☆STARS!
作詞:唐沢美帆 作曲:蔦谷好位置 編曲:田中隼人(agehasprings)
02 episode Solo
歌:るか・ななせ・かな・みほ from AIKATSU☆STARS!
作詞:只野菜摘 作曲・編曲:石濱 翔(MONACA)
03 アイカツ☆ステップ!
歌:せな・りえ from AIKATSU☆STARS!
作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:connie


最初に出たCDは1期のOP/EDで、この曲がリアルタイムに番組で流れていた頃というのは、僕はまだそれほどこのアニメに詳しくなく、妻が見てるから何となく横目で見ていた頃である。しかしネット上でよく言われる「アイカツスターズの音楽はハズレがない」という言説は、番組スタート時のオープニング曲の出来が良くなければ生まれることもなかった訳であり、大人気シリーズの続編というプレッシャーなど物ともせずに名曲を世に送り出した制作陣は本当に賞賛に値する。


スタートライン!
イントロなしで歌から入るのが良い。これは絶対に過去作と比較される新アニメにとって非常に重要なことだ。ベートーヴェンの英雄交響曲が革新的なのはそれまでのと違って序奏なしでインパクトを出しているからで、そういう気概が必要なのだ。加えてスピード感のある4つ打ちにストリングスとキラキラ系小物という奇を衒うことのない手法に、正々堂々勝負したいという決意表明を感じる。これである。この曲はこれにつきる。ゆめちゃんとローラちゃんという主人公が歌っているのだが、今やこのゆめちゃんの声(歌唱担当せな)の強烈なクセも好きなったが、初めはとっつきにくいだろう。これで「自分でも制御しきれない才能の持ち主」というキャラクターの歌を演じるのは至難とも思ったが、よくよく考えれば売れるアイドルというのと歌の才能、いや才能というよりも上手・下手というのはほぼ相関関係なしなので、それでこそホンモノだろう。ゆめちゃんが「夢は見るものじゃない叶えるものだよ」と言う歌詞を発するのがとても良い。どの曲もよく歌詞が練られており、このアニメはゆめちゃんが夢を叶える作品で、後にこの「スタートライン!」も超えられる。


episode Solo
主人公たちの憧れの先輩方である「第25代S4」という学園のトップアイドルユニットが歌う。つまりこれは「少しお姉さんたち」の曲なのだ。劇中でポップでかわいい曲を歌って踊る主人公に対して、キレキレのEDMで歌って踊るお姉さま方の格好良さは尋常ではない。ぶりっ子アイドル音楽とゴリゴリのダンスミュージックで対比しちゃう、徹底した差別化に脱帽である。曲自体は普通の強烈なEDMに違いないのだが、劇中での効果的な使い方でブランド感を作るのに成功した。これは主人公たちにとって超えられない壁のような存在になっている。歌っているのがひめちゃん(歌唱担当るか)、ツバサっち(歌唱担当ななせ)、ゆず様(歌唱担当かな)、夜空たん(歌唱担当みほ)の4人なのだが、ここでも驚くべきことに、主人公ゆめちゃんの直属の先輩であり「歌組」のトップ、つまりトップアイドル中のトップアイドルである白鳥ひめちゃんが一番歌が下手という事実。彼女のソロパートの歌詞「準備はいい?深呼吸」がそもそも難しい。この短い中に「ん」が2回もありしかも最初は「ん」の後に「び」という難しい発声だが、これを難なくこなせていない。しかし!上述の理由で、それでいいのだ!歌詞の内容は文句なしに素晴らしい。


アイカツ☆ステップ!
劇中では主人公の持ち歌のような形で登場し、以後何度も何度も繰り返し繰り返し聞かされることになる曲。しかし現代に生まれた我々は幼いころからずっとモータウンビートの音楽を聞かされ続けているので、別に気にならない。何度も聞かされる曲は何度聞いても良い曲でなければならないので、基本ビートのチョイスとしては成功なのだ。そしてこれもゆめちゃんの歌のクセがすごい。ローラが普通に上手いだけにギャップがすごい。アイカツスターズの音楽は(というか最近のアニソンに言えるのかもしれないが)ベース弾きすぎ傾向があると思う。構造はシンプルなモータウンビートのポップなのによく聞くとベースがいらんことグイグイやってて笑える。シンセは無難な素材を余すとこなく使っている感じが好感度高い。しかしこの曲からは女児向けアニメだなあと感じる。いや、それで良いのだ。こういう大きいお友達向けでない曲も必要だよなと。


アイカツスターズ!のCDについて語る その1(2017年10月18日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その2(2017年10月19日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その3(2018年1月23日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その4(2018年1月24日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その5(2018年3月1日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その6(2018年4月2日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その7(2018年4月10日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その8(2018年4月10日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その9(2018年4月12日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その10(2018年4月14日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その11(2018年4月15日)

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』OP/ED主題歌「スタートライン!/episode Solo」 TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』OP/ED主題歌「スタートライン!/episode Solo」
AIKATSU☆STARS!,唐沢美帆,connie,せな・りえ from AIKATSU☆STARS!ランティス
売り上げランキング : 10999

Amazonで詳しく見る by AZlink