【序文】
このブログは基本的にはクラシック音楽について語るブログだが、どうしても記しておきたいと思うに至ったものについては、ここに記録して残しておこう。つまり、アニメ「アイカツスターズ!」の音楽はそれほどに素晴らしい音楽であることは保証したい。ポップミュージックの進化の歴史の最先端は常にアニソンなのだ。なお、前提として、僕はクラシック音楽オタクではあるがアニソンオタクでもないし、アニメオタクでもないと思っている。前作である無印のアイカツについてはそれほど詳しくないし、データカードダスもやったことはない。しかしこんなに1つのアニメにハマったのはローゼンメイデン(2004-)以来かもしれない。自分でもびっくりしている。あ、ネタバレ注意。

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』挿入歌シングル1「ハルコレ」


TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』挿入歌シングル 1 ハルコレ
01 Miracle Force Magic
歌:ななせ from AIKATSU☆STARS!
作詞:yumeiroecho 作曲:秋田博之 編曲:南田健吾(onetrap)
02 未来トランジット
歌:みほ from AIKATSU☆STARS!
作詞:只野菜摘 作曲・編曲:永谷たかお
03 ハートがスキ♡ップ
歌:かな from AIKATSU☆STARS!
作詞:辻 純更 作曲・編曲:岡部啓一(MONACA)
04 みつばちのキス
歌:せな・りえ from AIKATSU☆STARS!


番組で使われた楽曲をまとめたCDで、どうやらデータカードダスには他にも色々曲があるようなのだが、アニメで聞いたものしか知らないので僕にはこれで十分。「ハルコレ」というタイトルのファッションを意識しているところ、アルバムジャケットのかわいさ、とても良い。アイカツスターズの中ではアダルトな雰囲気の2人が大人っぽくお茶してて、小さいお友達は憧れ、大きいお友達はブヒブヒするんでしょうね。


Miracle Force Magic
ツバサっち(歌唱担当ななせ)は普通に歌が上手い。のでななせ曲を聞くのが一番心地よい。今になって思うのだが、アニメが進むに連れてみんなどんどん進化していくという思想なので、当然曲も進化していく訳だが、そうなってくると曲の複雑さも増していく傾向にあり、そんな中でこういうシンプルな00年代系パワーポップは貴重だ。昨今のJ-POP事情に詳しくないので大きいことは言えないが、こういうパワーポップは流行らないのだろう。しかし音楽性として悪くないことは確かなので、アニソンとか、流行らなくても売れるアイドル、直接言うとTOKIOのことだけども、そういうところで大いに演奏されるのがよろし。SugarcultとかFountains Of Wayneみたいな音で好きですよ。劇中だとS4の皆さんが演奏していたような。やはりこういう曲はアイドルがやらないといけない。今どきこれでヒットさせられるバンドはいないだろう。


未来トランジット
夜空たん(歌唱担当みほ)の曲。夜空たんの持っているブランド「ロマンスキス」はとてもオリエンタルなドレスが多いので、シンコペーテッドなベースラインに絹の如きストリングス、メランコリックなメロディと雰囲気は抜群。中間部のアコギも良い味出してます。何よりこれは歌詞ですね。「take off and fly away and go ahead 未来の途中 トランジット」ですよ。夜空たんは後に留学するのですが、世界を飛び回るほど活躍するということと、まだまだ成長途中だということ、その両方を押し出した、よく練られた歌詞です。なお、この曲の五度音形と飛翔感についてアホみたいに詳しく語っているブログを発見してしまったので、ご紹介しておきましょう。リンクはこちら。五度の持つ飛翔感、クラシックで言うとR・シュトラウスのツァラトゥストラ冒頭なんかは、そういうのが宇宙の旅に相応しかったのかもしれませんね。飛翔感というのも非常にわかりますが、それよりもこの空虚五度で進むイントロは世界を旅する喜びと、旅に必至である別れの切なさ、どっちつかずの浮遊感、サスペンション、というものを感じます。これは良曲。


ハートがスキ♡ップ
天才ゆず様(歌唱担当かな)が歌うただただポップでただただキュートなナンバー。この曲でも「そうだアイカツスターズ!は小さいお友達向けの番組なのだった」と思い知らされる。取り立ててサウンドについて熱く語る部分はない。強いて言えばBメロで伴奏先行で入るあたりが面白味か。女児好みの基本を押さえているので、良くも悪くも基本通り。歌詞はまぶしい。恋とファッションで女子力を上げる歌だ。そんな、僕には縁遠い曲でもリピ確定なのは、アニメでは主人公ゆめちゃんが歌っていたのに、CDでは奇跡の天才ゆず様が歌っているからである。この曲はゆず様のがずっと良い。まあMONACA曲なのでハズレない。ハズレてはいけない世界である。重要なこと。


みつばちのキス
この曲もせな&りえ、アニメ第1期はゆめちゃんとローラの友情とライバル同士の戦いがメインなので、この2人の組み合わせは必然的に多くなる。ゆめちゃんのアクの強い声とローラの普通に上手い歌はなかなか相性が良い。ストリングスのピチカートとグロッケンの多用とかわいらしさ全開。イントロにはハンドクラップでアイドル感もある。なによりサビのキックが熱い。なぜそこにそんなに詰め込むのか、というくらいドスドス決まる。歌詞は「ヒラリフワリ」とか軽い歌詞なのに、である。あと「きっと」とか「ぎゅっと」と言った促音のある言葉の、ゆめちゃんの歌い方が、クセがすごくてたまらない。歌詞といえば「秘密」「見つけて」「みつばちのキス」「蜜の予感」とやたら「みつ」で韻を踏むのも良い。特に歌の最後、ゆめちゃんが「秘密の予感」と歌う上にローラが「蜜の予感」を重ねてくるところは熱い。可愛いふりして全体的に熱い曲である。


アイカツスターズ!のCDについて語る その1(2017年10月18日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その2(2017年10月19日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その3(2018年1月23日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その4(2018年1月24日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その5(2018年3月1日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その6(2018年4月2日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その7(2018年4月10日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その8(2018年4月10日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その9(2018年4月12日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その10(2018年4月14日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その11(2018年4月15日)

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』挿入歌シングル1「ハルコレ」 TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』挿入歌シングル1「ハルコレ」
AIKATSU☆STARS!,辻純更,connie,せな・りえ from AIKATSU☆STARS!ランティス
売り上げランキング : 11557

Amazonで詳しく見る by AZlink