アイカツスターズ!のCDについて語る その10


【序文】
このブログは基本的にはクラシック音楽について語るブログだが、どうしても記しておきたいと思うに至ったものについては、ここに記録して残しておこう。つまり、アニメ「アイカツスターズ!」の音楽はそれほどに素晴らしい音楽であることは保証したい。ポップミュージックの進化の歴史の最先端は常にアニソンなのだ。なお、前提として、僕はクラシック音楽オタクではあるがアニソンオタクでもないし、アニメオタクでもないと思っている。前作である無印のアイカツについてはそれほど詳しくないし、データカードダスもやったことはない。しかしこんなに1つのアニメにハマったのはローゼンメイデン(2004-)以来かもしれない。自分でもびっくりしている。あ、ネタバレ注意。

MUSIC of DREAM!!!/森のひかりのピルエット


このCDが出たときには、これが最後のオープニング・エンディングになるとは思っていなかったが、最後になってしまった……。僕は辛いよ。ジャケットは2年め共通のかわいらしさ、新キャラ兼最後の追加キャラとなったアリアちゃん登場。


TVアニメ『アイカツスターズ!』2ndシーズン新OP/EDテーマ MUSIC of DREAM!!!/森のひかりのピルエット
1.MUSIC of DREAM!!!
作詞:唐沢美帆 作曲:南田健吾, 蔦谷好位置 編曲:成瀬裕介(onetrap) 歌:せな・りえ・みき・かな from AIKATSU☆STARS!
2.森のひかりのピルエット
作詞:辻 純更 作曲・編曲:高橋邦幸(MONACA) 歌:せな・るか from AIKATSU☆STARS!
3.Message of a Rainbow
作詞:松原さらり 作曲:HALIFANIE 編曲:南田健吾(onetrap) 歌:せな・ななせ from AIKATSU☆STARS!


MUSIC of DREAM!!!
onetrapも、もうアイカツスターズのオープニングの名代になったなあと感慨深い。ビッグベンの鐘(学校のチャイム)の音列を奏でるピアノとそれを支えるハープ、学園の雰囲気と羽ばたくような飛翔感。絶妙にカッコイイ、アニソンらしいアニソンだなあと納得のイントロ、そのイントロが開けて、開口一番、主人公ゆめちゃん(歌唱担当せな)の「ああ!」、ああ、ああ、この「ああ!」が、何故だ、何故こんなにも下手なんだ! 感動さえする。下手である。個性と言えば個性だ。これでこそ、ゆめちゃん。もうこのクセの強い声には愛着しかない。愛らしい。何度も書いているが、歌手4人のバランスは良い。2番の歌詞が、本編で負け続けるローラのための歌詞と言っても過言ではなく、ちょっと報われたなあと思う。歌詞も、歌詞それぞれの分担も、彼女が歌うことに意味がある、というような完璧な割り振りで素晴らしい。「星のツバサ」というのが2年めの重要項目なのだが、それも活かされており、羽ばたく音楽となった。


森のひかりのピルエット
また凝った曲出したなあと、MONACAだなあと納得する。アリアちゃん(歌唱担当るか)は不思議ちゃんキャラなので、ちょっと奇妙さを持った曲であり、かつ可愛らしさをふんだんに湛えた曲でないといけない。その辺を全てクリアした曲になっている。基本はアイカツスターズのアニソン王道のハウスだが、黒鍵多様のメロディーライン、大胆な和声、森の中を思わす鳥の声や水の音などのSEなど、お楽しみ要素満載。エコーの効いたAメロもこだまのよう。要所要所で入るピアノもオシャレだ。天然だけど歌はめちゃウマという設定のアリアちゃんと、主人公ゆめちゃんのデュエットなのだが、もうこのシリーズの記事に何度も何度も書いている通り、るか&せなという組み合わせは、お互いそれほど上手くない(良い意味です!)という、これももう定番として逆にないと不安になるくらいである。なおエンディング映像はシリーズ屈指のかわいらしさ。


Message of a Rainbow
ついに、ついに来ました、小春ちゃん(歌唱担当ななせ)とゆめちゃん(歌唱担当せな)の、幼馴染ペア!これを待っていた! ということで、小春ちゃんがいるというだけでもう既に100万点くらい加点されている。曲はクラシカルなバスドラの響きが楽しいマーチングパレード風。サビを聴くと何となくドリカムにありそうな雰囲気なのだが、あまり共感されない。声質は全く違うが、吉田美和が歌っても違和感のない曲だと思うのだが。ほんと誰かにわかってほしい。「愛がたどり着く場所」みたいな雰囲気なのだ。まあこの曲がゆめちゃんと小春ちゃんの愛のたどり着いた場所には違いないのだが。僕の知識と感性が古いのかもしらんが、もしかするとこういうJ-POPをやるグループは今色々あるのかもしれない。セカオワとか?知らないけど。バスドラ担いでるJ-POPってそのくらいしかイメージできないだけで。メロディーラインには結構厳しめのハイトーンがあるが(その辺もドリカムっぽい)、キャラに慣れないななせとそもそもの歌唱力がアレなせな、両者ともやや苦しそうなファルセットも、かえって仲良しな感じがして非常によろしい。とにかくこの2人の仲良しな雰囲気が良いのだ。歌詞も「ちょっとへこんじゃって 落ち込む気持ちはいつも 君がきっと(うん) 隣にいて(そう) 吹き飛ばしてくれるの」と、頷く合いの手でやたら仲良しアピール。1番と2番で同じ歌詞でメロディーと合いの手は交代する。また、「今羽根は ひとつじゃない ひとりじゃない」と星のツバサ編を象徴する歌詞も、2人でこそ勝ち取れたぞと、ゆめこはカップリング極まれり。しかし1年めの劇場版ではゆめちゃんはローラと「ふたりなら最強」と歌っていたのにこの仕打ち。この曲の「2人一緒の幸福感」の前には何者も立ち塞がることはできないのであった。


アイカツスターズ!のCDについて語る その1(2017年10月18日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その2(2017年10月19日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その3(2018年1月23日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その4(2018年1月24日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その5(2018年3月1日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その6(2018年4月2日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その7(2018年4月10日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その8(2018年4月10日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その9(2018年4月12日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その10(2018年4月14日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その11(2018年4月15日)

MUSIC of DREAM!!!/森のひかりのピルエット MUSIC of DREAM!!!/森のひかりのピルエット
AIKATSU☆STARS!,せな・ななせ from AIKATSU☆STARS!,松原さらり,南田健吾(onetrap),成瀬裕介(onetrap)

ランティス
売り上げランキング : 20296

Amazonで詳しく見る by AZlink