【序文】
このブログは基本的にはクラシック音楽について語るブログだが、どうしても記しておきたいと思うに至ったものについては、ここに記録して残しておこう。つまり、アニメ「アイカツスターズ!」の音楽はそれほどに素晴らしい音楽であることは保証したい。ポップミュージックの進化の歴史の最先端は常にアニソンなのだ。なお、前提として、僕はクラシック音楽オタクではあるがアニソンオタクでもないし、アニメオタクでもないと思っている。前作である無印のアイカツについてはそれほど詳しくないし、データカードダスもやったことはない。しかしこんなに1つのアニメにハマったのはローゼンメイデン(2004-)以来かもしれない。自分でもびっくりしている。あ、ネタバレ注意。

アニメ『劇場版 アイカツスターズ!』ボーカルシングル


『劇場版アイカツスターズ!』ボーカルシングル
01 POPCORN DREAMING♪
歌:せな・りえ from AIKATSU☆STARS!
作詞:作詞:唐沢美帆 作曲:加賀山長志 編曲:釣 俊輔(agehasprings)
02 アイカツ☆ステップ! 〜ゆめ・ローラ・あこ・真昼 Ver.〜
歌:せな・りえ・みき・かな from AIKATSU☆STARS!
作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:connie


劇場版のテーマソングと、よく使われるテーマ曲の歌手増えた版。さほど大騒ぎするほどの内容ではないし2曲しか収録されておらずしかも1曲は歌手が増えただけで楽曲は同じなので、さらっと紹介程度にとどめましょう。CDジャケットは劇場版を見た人であれば納得の絵。


POPCORN DREAMING♪
1年目のアイカツスターズのストーリー全体においてもそうだが、劇場版は特に主人公ゆめちゃんとローラの友情という主題が猛プッシュされている。こんなに公式でライバルだなんだと言ってた割にその後のストーリーにおけるローラの辛酸の嘗めっぷりには同情を禁じ得ないのだが、この曲はまだローラが劇中で燦然と輝いていた頃であり、後のローラ曲がOP/ED除いてほとんど出てこないことを考慮すると、貴重な曲である。歌詞も前向きで「ふたりなら最強でしょ!?でしょ!?」という歌詞にすべてが集約されている。BPM240くらいでしょうか、速いポップロックに、歌とメロディーでシンプルに聞かす良アニソン。Bメロのエフェクトした声の裏ではついついハンドクラップしたくなる、弾けるような楽しい音楽だ。正直この曲は、曲自体よりも使いわれ方が良かったのを書いておきたい。こんなに2人の友情を劇場版で押しに押し出したというのに、後に本編で2人の間に影を落とすようなアイカツにしては珍しく暗めのシリアス回で、敢えてこの曲が使われる。しかもこの曲のステージ中に衝撃的な出来事を起こすという、この演出には恐れ入った。


アイカツ☆ステップ! 〜ゆめ・ローラ・あこ・真昼 Ver.〜
曲自体については以前書いたのでそちらを参照願いたい。劇場版とその後の本編でも出たが、ゆめ・ローラ・あこ・真昼の役者が揃ったぞと、ここからが本当のスタートだぞと言っているような感じ。トキメキララン☆のときも書いたが、クセの強い声のゆめ・あこと、歌唱力では王道を行くローラ・真昼のバランスは良い。この曲はやはり中身どうこうというより、1年目のアイカツスターズ(特に前半)を象徴する曲であり、これから4人メインでやっていきますという決意表明のようなものだ。


アイカツスターズ!のCDについて語る その1(2017年10月18日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その2(2017年10月19日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その3(2018年1月23日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その4(2018年1月24日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その5(2018年3月1日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その6(2018年4月2日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その7(2018年4月10日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その8(2018年4月10日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その9(2018年4月12日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その10(2018年4月14日)
アイカツスターズ!のCDについて語る その11(2018年4月15日)

アニメ『劇場版 アイカツスターズ!』ボーカルシングル アニメ『劇場版 アイカツスターズ!』ボーカルシングル
AIKATSU☆STARS!,唐沢美帆,釣俊輔(agehasprings),せな・りえ from AIKATSU☆STARS!

ランティス
売り上げランキング : 48716

Amazonで詳しく見る by AZlink