エリソ・ヴィルサラーゼ 録音リスト

Spread the love

SCHERZI 1-4 NOCTURNES 7,


エリソ・ヴィルサラーゼ 録音リスト(2019年5月22日更新)


エリソ・ヴィルサラーゼ(1942-)はグルジア出身のピアニスト・教授である。ロシアン・ピアニズムを追っかけている(という程でもないけど)僕としてはやはり外せないところ。素晴らしい演奏も多く、大勢の人に魅力を伝えたい気持ちもあるので、ヴィルサラーゼについてこのブログでも語ってみたい。 バイオグラフィーはWikipediaでもどこでもあるので、検索してください。


敢えて書こうと思ったのは、需要があると思ったからだ。基本的に気の向くままに更新しているが、僕が2014年に聴きに行ったヴィルサラーゼのリサイタルの感想記事は意外とアクセスがあり、特にヴィルサラーゼの来日ライブ前後になるとアクセスも多くなることから、やっぱりみんな調べたいんだろうなあと。それだけ素晴らしい奏者であることは言うまでもない。しかし、その割にはあまり日本語の情報がない。まあ、どんどん人気が出ていけば、金になると目をつけた業者側がオフィシャルに色々情報を書いてくれるんでしょうが。


このページでは、彼女の録音を簡単にリストアップしておく。無許可撮影して動画サイトにアップされているものなどは知らんが、僕の知る範囲内で、年代ごとにリストアップした。これはあくまで録音として存在が確認できるものだけであり、全演奏記録ではないのでご了承願いたい。すべて所有している訳ではないが、各々の詳細や聴いた感想なども書いてリンク貼る予定。

 

 

1960年代の録音


このあたりはMelodiyaのLP盤が中心になる。70年代にリリースされたラザール・ゴスマン指揮レニングラード室内管とのモーツァルトの協奏曲、地元トビリシでのシューマン、詳細不明だがショパンの録音がある。


【1960年代】
(1970年盤 Melodiya LP)
モーツァルト ピアノ協奏曲第15番 変ロ長調 K.450
モーツァルト ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453


(1972年盤 Melodiya LP)
モーツァルト ピアノ協奏曲第18番 変ロ長調 K.456
モーツァルト ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488


(1973年盤 Melodiya LP)
モーツァルト ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K.482
モーツァルト ピアノとオーケストラのためのロンド ニ長調 K.382


(1973年盤 Melodiya LP)
モーツァルト ピアノ協奏曲第12番 イ長調 K.414
モーツァルト ピアノ協奏曲第19番 ヘ長調 K.459


(1973年盤 Melodiya LP)
モーツァルト ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K.503
モーツァルト ピアノ協奏曲第1番 ヘ長調 K.37


(1976年盤 Melodiya LP)
モーツァルト ピアノ協奏曲第11番 ヘ長調 K.413
モーツァルト 2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 K.365


ベラ・ダヴィドヴィチ(p) (K.365)
ラザール・ゴスマン/レニングラード室内管


【1965年】トビリシ (Melodiya LP)
シューマン 謝肉祭 作品9
シューマン クライスレリアーナ 作品16


【1965】(Melodiya LP)
ショパン ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58
ショパン バラード第3番 変イ長調 作品47
ショパン マズルカ第21番 嬰ハ短調 作品30-4
ショパン マズルカ第23番 ニ長調 作品33-2
ショパン ノクターン第8番 変ニ長調 作品27-2
ショパン ワルツ第2番 変イ長調 作品34-1「華麗なる円舞曲」

 

 

1970年代の録音


MelodiyaのLP盤に加えて、ロシアの放送局で流れた音源や、TV用と思しき映像記録もある。80年代の方にまとめたがLive ClassicsのCD盤にもわずかだが70年代の録音がある。得意のシューマン、ショパンに加え、ハイドンやバッハの協奏曲、同郷の作曲家タクタキシヴィリの協奏曲、テミルカーノフやキタエンコなど有名指揮者との共演もある。


【1974年】(Melodiya LP)
ショパン 12の練習曲 作品10
ショパン 12の練習曲 作品25
ショパン ポロネーズ第7番 変イ長調 作品61「幻想」
ショパン ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53「英雄」
ショパン ワルツ第9番 変イ長調 作品69-1「告別」


【1974年】(Melodiya LP)
バッハ チェンバロ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052
ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調 Hob.18-11
レフ・マルキス/室内管


【1975年】(video)
ハイドン ピアノ協奏曲 ニ長調 Hob.18-11より第2楽章
モーツァルト ロンド イ短調 K.511
ショスタコーヴィチ 24の前奏曲とフーガ 作品87 より第15番 変ニ長調
シューマン 謝肉祭 作品9
オケ不明


【1975年10月7日、レニングラード・フィル 大ホール 】(Broadcast)
ショパン 12の練習曲 作品25 第1番~第5番
ショパン ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53「英雄」
ショパン ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11
ユーリ・テミルカーノフ/レニングラード響


【1976年】(Melodiya LP)
タクタキシヴィリ ピアノ協奏曲第2番«Горные Напевы»
ボリショイ劇場管


【1976年、テアトロ・コロン 】(Broadcast)
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
サイモン・ブレッヒ/ブエノスアイレス・フィル


【1977年3月17日、モスクワ音楽院大ホール】(Broadcast)
モーツァルト ピアノ協奏曲第15番 変ロ長調 K.450
シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
ショパン ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11
ドミトリー・キタエンコ/モスクワ・フィル


【1978年】(Melodiya LP)
モーツァルト ロンド イ短調 K.511
モーツァルト ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 作品57「熱情」


【1978年、モスクワ】(Broadcast)
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37
アルノルト・カッツ/モスクワ放送響

 

 

1980年代の録音


シューマン、ショパンがライフワークとなっていることがわかる。Venezia盤のモーツァルト・ソナタ全集は弾き分けで担当し、同レーベルのショパン作品集にも65年録音のバラード3番が収録されている。モーツァルトのK.242ではニコラーエワ、ルガンスキーと共に3世代共演という珍しい組み合わせ。また後によく共演することとなるウトキンとも録音している。


【1980,73年、チャイコフスキーコンサートホール】(Live Classics)
シューマン ピアノ・ソナタ第1番 嬰ヘ短調 作品11(1980年12月27日、チャイコフスキーコンサートホール)
シューマン ピアノ・ソナタ第2番 ト短調 作品22(以下1973年12月16日、チャイコフスキーコンサートホール)
シューマン 森の情景 作品82


【1982年12月、リヒテル音楽祭「12月の夕べ」】(Broadcast)
モーツァルト ロマンス 変イ長調 Anh.205


【1981-84年】(Venezia)
モーツァルト ピアノ・ソナタ 第10番 ハ長調 K.330
モーツァルト ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331
モーツァルト ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332
モーツァルト ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調 K.333
モーツァルト ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457


【1985年】(Melodiya LP)
シューマン 幻想曲 ハ長調 作品17
ショパン ポロネーズ第7番 変イ長調 作品61「幻想」


【1985年】(Melodiya LP)
シューマン ピアノ・ソナタ第1番 嬰ヘ短調 作品11
リスト スペイン狂詩曲 S.254


【1985年4月12日、チャイコフスキーコンサートホール】(Live Classics)
ショパン 12の練習曲 作品10
ショパン 12の練習曲 作品25


【1986年2月7日、モスクワ音楽院大ホール】(Melodiya, NML)
モーツァルト 3台のピアノのための協奏曲 ヘ長調 K.242
モーツァルト 2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 K.365
タチアーナ・ニコラーエワ(K.242、K.365)
ニコライ・ルガンスキー(K.365)
サウリウス・ソンデツキス /リトアニア室内管


【1986年6月4日、パリ シャトレ座】(Broadcast)
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
エフゲニー・スヴェトラーノフ/ソビエト国立響


【1987年】(Northern Flowers, NML)
タネーエフ ピアノ四重奏曲 ホ長調 作品20
ウラディミール・オヴチャレク(vn)、ウラディミール・ストピチェフ(va)、ヨシフ・レヴィンソン(vc)


【1987年10月22日、フランツ・リスト音楽院】(Broadcast)
リスト ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178


【1988年5月10日、モスクワ音楽院】(Live Classics)
メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第2番 ハ短調 作品66
オレグ・カガン(vn)、ナターリヤ・グートマン(vc)


【1988年12月18日、プーシキン美術館】(Melodiya LP)
モーツァルト ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452
アレクセイ・ウトキン(ob)、エドゥアルト・ブルンナー(cl)、ヴァレリー・ポポフ(fg)、ラドヴァン・ヴラトコヴィチ(hr)


【1989年、モスクワ】(Broadcast)
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 作品30
ヤンスク・カヒッゼ/モスクワ・フィル

 

 

1990年代の録音


正規ルートで入手可能なヴィルサラーゼの音盤が多く存在するLive Classics盤は90年代の録音が中心となる。いつまであるか不明なので集めたい方は早めにゲットした方がよろしいかと思われる。オレグ・カガン国際音楽祭などでグートマンとよく共演している。シューベルト、リスト、ブラームスなどもライブでよく取り上げる。しらかわホールのショパンなど、興味深いものもある。


【1990年11月】(Teldec, NML)
ブラームス ピアノ五重奏曲 ヘ短調 作品34
ボロディン弦楽四重奏団


【1991年4月15日、シュトゥットガルト】(Live Classics)
シューマン 幻想小曲集 作品12
シューマン クライスレリアーナ 作品16


【1991年、ヴィルバート・クロイト(オレグ・カガン国際音楽祭)】(Live Classics)
ブラームス チェロ・ソナタ第1番 ホ短調 作品38
グリーグ チェロ・ソナタ イ短調 作品36
ナターリヤ・グートマン(vc)


【1992年4月4日、アムステルダム・コンセルトヘボウ】(Live Classics)
ベートーヴェン チェロ・ソナタ第1番ヘ長調op.5-1
ベートーヴェン チェロ・ソナタ第2番ト短調op.5-2
ベートーヴェン チェロ・ソナタ第3番イ長調op.69
ベートーヴェン チェロ・ソナタ第4番ハ長調op.102-1
ベートーヴェン チェロ・ソナタ第5番ニ長調op.102-2
ナターリヤ・グートマン(vc)


【1992年7月3日、ヴィルバート・クロイト(オレグ・カガン国際音楽祭)】(Live Classics)
ベートーヴェン クラリネット三重奏曲 変ロ長調 作品11「街の歌」
ナターリヤ・グートマン(vc)、エドゥアルド・ブルンナー(cl)


【1993年10月16日、ロンドン ウィグモア・ホール】(Live Classics)
シューベルト ピアノ・ソナタ第17番 ニ長調 D850
ブラームス ピアノ・ソナタ第1番 ハ長調 作品1
リスト 3つの演奏会用練習曲 S.144
リスト メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」S.514
シューベルト 楽興の時 D780 作品94より第2番
シューベルト(リスト編) 魔王


【1994,95年】(Live Classics)
シューマン アラベスク ハ長調 作品18(1994年6月11日、トゥレーヌ音楽祭 ラ・グランジュ・ドゥ・メレ)
シューマン ピアノ・ソナタ第1番 嬰ヘ短調 作品11(以下1995年3月4日、フェルダフィング ホテルカイザーリン エリザベート)
シューマン 幻想曲 ハ長調 作品17
シューマン(リスト編) 献呈


【1995年1月15日、ミュンヘン ヘルクレスザール】(Live Classics)
モーツァルト 「リゾンは眠った」による9つの変奏曲 ハ長調 K.264
モーツァルト 幻想曲 ハ短調 K.475
モーツァルト ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457
プロコフィエフ ピアノ・ソナタ第8番 変ロ長調 作品84「戦争ソナタ」


【1997,91年】(Live Classics)
モーツァルト 幻想曲 ハ短調 K.396(1997年2月12日、ミラノ音楽院)
ブラームス 間奏曲 ロ短調 作品119(以下1991年4月15日、シュトゥットガルト)
モーツァルト ピアノのためのロマンス 変イ長調 K.Anh.205
プロコフィエフ 風刺 作品17
プロコフィエフ トッカータ ハ長調 作品11
ショパン ワルツ第2番 変イ長調 作品34-1「華麗なる円舞曲」
シューマン 森の情景 作品82より 予言の鳥


【1997,95年】(Live Classics)
シューベルト 幻想曲 ハ長調「さすらい人」D760 作品15(1997年2月12日、ミラノ音楽院)
シューベルト 4つの即興曲 作品142 D935(1995年12月2日、ニュルンベルク マイスタージンガーハレ)


【1997年6月29日、オレグ・カガン音楽祭】(Live Classics)
メンデルスゾーン 無言歌 ニ長調 作品109
メンデルスゾーン チェロ・ソナタ第2番 ニ長調 作品58
ナターリヤ・グートマン(vc)


【1998,88年】(Live Classics)
シューマン ノヴェレッテン 作品21 第1曲(1998年10月19日、ミラノ音楽院)
シューマン ノヴェレッテン 作品21 第2曲(1998年3月16日、ミラノ音楽院)
ヴァイオリン ソナタ 第1番 イ短調 作品105(1988年5月20日、モスクワ音楽院)
オレグ・カガン(vn)


【1998,97年】(Live Classics)
シューベルト アダージョ ホ長調 D612(1997年2月12日、ミラノ音楽院)
シューベルト 12のグラーツのワルツ D924(同上)
シューベルト ピアノ・ソナタ第13番 イ長調 D664(同上)
シューベルト アレグレット ハ短調 D915(以下1998年1月4日、プーシキン美術館)
シューベルト 3つのピアノ曲 D946


【1998年ほか】(Live Classics)
ショパン ノクターン第19番 ホ短調 作品72-1(1998年3月16日、ミラノ)
ショパン ポロネーズ第7番 変イ長調 作品61「幻想」(1993年2月10日、カールスルーエ)
ショパン マズルカ第47番 イ短調 作品68-2(1995年12月2日、ニュルンベルク マイスタージンガーハレ)
ショパン ノクターン第7番 嬰ハ短調 作品27-1(1992年10月13日、ミュンヘン)
ショパン ノクターン第8番 変ニ長調 作品27-2(1992年10月13日、ミュンヘン)
ショパン ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53「英雄」(1992年10月13日、ミュンヘン)
ショパン マズルカ第45番 イ短調 作品67-4(1996年6月16日、ケムニッツ)
ショパン マズルカ第21番 嬰ハ短調 作品30-4(1996年6月16日、ケムニッツ)
ショパン マズルカ第22番 嬰ト短調 作品33-1(1996年6月16日、ケムニッツ)
ショパン マズルカ第23番 ニ長調 作品33-2(1996年6月16日、ケムニッツ)
ショパン ワルツ第9番 変イ長調 作品69-1「告別」(1998年3月16日、ミラノ)
ショパン ワルツ第3番 イ短調 作品34-2「華麗なる円舞曲」(1998年3月16日、ミラノ)
ショパン ワルツ第17番 変ホ長調 遺作(1998年3月16日、ミラノ)
ショパン ワルツ第6番 変ニ長調 作品64-1「子犬」(1998年3月9日、ミラノ)
ショパン ワルツ第1番 変ホ長調 作品18「華麗なる大円舞曲」(1995年12月2日、ニュルンベルク マイスタージンガーハレ)
ショパン 子守歌 変ニ長調 作品57(1993年2月10日、カールスルーエ)


【1999,98年】(Live Classics)
ショパン スケルツォ第1番 ロ短調 作品20(1998年1月19日、ミラノ)
ショパン スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31(同上)
ショパン スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39(同上)
ショパン スケルツォ第4番 ホ長調 作品54(同上)
ショパン ノクターン第7番 嬰ハ短調 作品27-1(以下1999年12月7日、インゴルシュタット)
ショパン ノクターン第8番 変ニ長調 作品27-2
ショパン ノクターン第16番 変ホ長調 作品55-2
ショパン ノクターン第19番 ホ短調 作品72-1


【1999年10月15日、名古屋 しらかわホール】(Live Classics)
ショパン ポロネーズ第1番 嬰ハ短調 作品26-1
ショパン ポロネーズ第7番 変イ長調 作品61「幻想」
ショパン ワルツ第8番 変イ長調 作品64-3
ショパン ワルツ第12番 ヘ短調 作品70-2
ショパン 幻想曲 ヘ短調 作品49
ショパン ワルツ第9番 変イ長調 作品69-1「告別」
ショパン ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53「英雄」
ショパン マズルカ第36番 イ短調 作品59-1
ショパン マズルカ第37番 変イ長調 作品59-2
ショパン マズルカ第38番 嬰ヘ短調 作品59-3
ショパン 舟歌 嬰ヘ長調 作品60
ショパン ワルツ第10番 ロ短調 作品69-2
ショパン(リスト編) 6つのポーランドの歌より 乙女の願い

 

 

2000年代の録音


00年代の録音は少ない。Live Classics盤が少しと、サンクトペテルブルク・フィルのガラコンサート。


【2000年4月13日、ミュンヘン】(Live Classics)
ベートーヴェン 「マカベウスのユダ」による12の変奏曲 WoO.45
ベートーヴェン チェロ・ソナタ第3番 イ長調 作品69
メンデルスゾーン チェロ・ソナタ第2番 ニ長調 作品58
メンデルスゾーン 無言歌 ニ長調
ベートーヴェン 「魔笛」の主題による7つの変奏曲 変ホ長調 WoO.46
ナターリヤ・グートマン(vc)


【2001,1995年】(Live Classics)
リスト メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」S.514(1995年4月19日、ミラノ音楽院)
リスト 巡礼の年 第2年:イタリア S.161 第5曲 ペトラルカのソネット第104番(同上)
ショスタコーヴィチ 24の前奏曲 作品34(2001年2月5日、ミラノ音楽院)
リスト グノーの歌劇「ファウスト」のワルツ S.407(同上)


【2002,1998,95年】(Live Classics)
モーツァルト ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310(1998年3月9日、ミラノ)
モーツァルト ロンド ニ長調 K.485(2002年5月28日、パルマ)
モーツァルト ロンド イ短調 K.511(1998年3月9日、ミラノ)
チャイコフスキー グランド・ソナタ ト長調 作品37(1995年4月19日、ミラノ音楽院)


【2003年6月1日、サンクトペテルブルク・フィル 大ホール 建都300周年ガラ】(Creative Core DVD)
ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲
ニコライ・アレクセーエフ/サンクトペテルブルク・フィル


【2004,03年】(Live Classics)
ショパン チェロ・ソナタ ト短調 作品65(2004年10月12日、アスコナ)
ラフマニノフ チェロ・ソナタ ト短調 作品19(2003年7月5日、ヴィルバート・クロイト オレグ・カガン国際音楽祭)


【2007年、モスクワ】(Broadcast)
シューベルト 楽興の時 D780 作品94より第1,4番
シューマン 蝶々 作品2
リスト スペイン狂詩曲 S.254

 

 

2010年代の録音


ここに来て録音・放送数が増える。音盤化していないものばかり。独奏、室内楽、協奏曲など、教授職に加えて精力的に演奏活動をしていることがわかる。「最高のシューマン弾き」の異名の通り、シューマン作品を中心に、モーツァルトとショパンも多く取り上げている。ロシアでは近年オイストラフ弦楽四重奏団との室内楽や、ウトキンのオケ、ルーディンのオケと協奏曲をやる機会が多い。


【2010年3月31日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
ショパン ポロネーズ第7番 変イ長調 作品61「幻想」
ショパン ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58
ショパン スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
ショパン 12の練習曲 作品25 第7番 嬰ハ短調「恋の二重唱」
ショパン バラード第2番 ヘ長調 作品38
ショパン ノクターン第14番 嬰ヘ短調 作品48-2
ショパン バラード第3番 変イ長調 作品47
ショパン ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53「英雄」
ショパン ノクターン第2番 変ホ長調 作品9-2


【2010年4月16日、モスクワ】(Broadcast)
シューマン クライスレリアーナ 作品16
シューマン 交響的練習曲 作品13
シューマン 子供の情景 作品15
シューマン 森の情景 作品82より 予言の鳥
シューマン(リスト編) 献呈


【2010年9月16日、モスクワ】(Broadcast)
シューマン 子供の情景 作品15
シューマン 交響的練習曲 作品13
シューマン クライスレリアーナ 作品16
シューマン 森の情景 作品82より 予言の鳥
シューマン(リスト編) 献呈


【2010年10月20日、テラヴィ国際音楽祭】(Broadcast)
シューベルト ピアノ五重奏曲 イ長調 作品114 D667「ます」
パヴェル・ヴェルニコフ(vn)、ノダル・ジワニア(va)、ナターリヤ・グートマン(vc)、M・カルトヴェリシュヴィリ(cb)


【2010年11月20日】(Broadcast)
シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
アントニオ・パッパーノ/聖チェチーリア音楽院管


【2011年3月10日、モスクワ音楽院小ホール】(Broadcast)
バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻 第1-8番
シューマン 謝肉祭 作品9


【2011年6月6日、ミンスク、ベラルーシ国立フィル大ホール】(Broadcast)
シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
エフゲニー・ブシコフ/ベラルーシ国立室内管


【2012年4月5日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
アレクセイ・ ウトキン/モスクワ室内管


【2012年11月30日、ブダペスト ベラ・バルトーク国立コンサートホール】(Broadcast)
シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
(プロコフィエフ古典、ドヴォ8、アンコール 愛の挨拶、プルチネルラ)
ユーリ・テミルカーノフ/サンクトペテルブルク・フィル


【2013年9月18日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
モーツァルト 「リゾンは眠った」による9つの変奏曲 ハ長調 K.264
ショパン ノクターン第16番 変ホ長調 作品55-2
モーツァルト ピアノ・ソナタ第4番 変ホ長調 K.282
ショパン バラード第3番 変イ長調 作品47
ショパン スケルツォ第1番 ロ短調 作品20
モーツァルト ピアノ・ソナタ第5番 ト長調 K.283
ショパン ノクターン第19番 ホ短調 作品72-1
モーツァルト ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332
ショパン ノクターン第7番 嬰ハ短調 作品27-1
ショパン ノクターン第8番 変ニ長調 作品27-2
ショパン スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
モーツァルト ピアノ・ソナタ第2番 ヘ長調 K.280よりアダージョ
ショパン マズルカ第21番 嬰ハ短調 作品30-4


【2013年10月14日、ヴァジャ・プシャヴェラ国立劇場(テラヴィ国際音楽祭)】(Broadcast)
シューマン ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
コリヤ・ブラッハー(vn)、タマーシュ・バティアシュヴィリ(vn)、ノダル・ジワニア(va)、ナターリヤ・グートマン(vc) (シューマン)
アリエル・ツッカーマン/テラヴィ国際音楽祭管(ベートーヴェン)


【2014年1月28日、サントリーホール】(Broadcast)
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
ユーリ・テミルカーノフ/サンクトペテルブルク・フィル


【2014年2月21日、 チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
モーツァルト ピアノ協奏曲第15番 変ロ長調 K.450
モーツァルト ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K.482
モーツァルト ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K.503
アレクサンドル・ルーディン/ムジカ・ヴィーヴァ室内管


【2015年1月6日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
ブラームス ピアノ五重奏曲 作品34
ショスタコーヴィチ ピアノ五重奏曲 作品57
オイストラフ弦楽四重奏団


【2015年2月5日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
リスト ピアノ協奏曲第2番 イ長調 S.125
グリーグ ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
アレクサンドル・ルーディン/ムジカ・ヴィーヴァ室内管


【2016年1月18日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
モーツァルト ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453
ショパン ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11
アレクサンドル・ルーディン/ムジカ・ヴィーヴァ室内管


【2016年4月22日、モスクワ】(Broadcast)
シューベルト ピアノ・ソナタ第18番 ト長調 D894


【2016年12月30日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
モーツァルト ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調 K.271「ジュノム」
ショパン ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21
アレクセイ・ ウトキン/モスクワ室内管


【2017年2月18日、香港大会堂】(Broadcast)
シューマン アラベスク ハ長調 作品18
シューベルト ピアノ・ソナタ第13番 イ長調 D664
プロコフィエフ ピアノ・ソナタ第2番 ニ短調 作品14


【2017年3月13日、モスクワ音楽院】(Broadcast)
プロコフィエフ ピアノ・ソナタ第2番 ニ短調 作品14


【2017年12月13日、上海シンフォニーホール】(Broadcast)
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第25番 ト長調 作品79
シューマン クライスレリアーナ 作品16
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第27番 ホ短調 作品90
シューマン 謝肉祭 作品9
シューマン 森の情景 作品82より 予言の鳥
シューマン(リスト編) 春の夜
ショパン ワルツ第2番 変イ長調 作品34-1「華麗なる円舞曲」


【2018年1月12日、サンクトペテルブルク・フィル 大ホール】(Video)
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第25番 ト長調 作品79
シューマン クライスレリアーナ 作品16
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第27番 ホ短調 作品90
シューマン 謝肉祭 作品9
シューマン 森の情景 作品82より 予言の鳥
シューマン(リスト編) 春の夜
チャイコフスキー 6つの小品 作品51 第4曲 ナタ・ワルツ


【2018年2月24日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
ショパン ポロネーズ第7番 変イ長調 作品61「幻想」
ショパン ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58
ショパン ノクターン第17番 ロ長調 作品62-1
ショパン ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64-2
ショパン 12の練習曲 作品10 第3番 ホ長調「別れの曲」
ショパン ワルツ第1番 変ホ長調 作品18「華麗なる大円舞曲」
ショパン ノクターン第19番 ホ短調 作品72-1
ショパン ワルツ第8番 変イ長調 作品64-3
ショパン ワルツ第3番 イ短調 作品34-2「華麗なる円舞曲」
ショパン ワルツ第2番 変イ長調 作品34-1「華麗なる円舞曲」


【2018年4月11日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品19
アレクサンドル・ルーディン/ムジカ・ヴィーヴァ室内管


【2018年4月11日、ラフマニノフホール】(Broadcast)
ハイドン ピアノ三重奏曲第6番 ヘ長調 Hob.XV:6
モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 K.478
ドヴォルザーク ピアノ五重奏曲第2番 イ長調 作品81 B.155
オイストラフ弦楽四重奏団


【2018年9月22日】(Broadcast)
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37
マリア・ベニュモヴァ/クラスノヤルスク室内管


【2018年10月10日、テラヴィ国際音楽祭】(Broadcast)
シューマン ダヴィッド同盟舞曲集 作品6
ショパン ワルツ第3番 イ短調 作品34-2「華麗なる円舞曲」
ショパン ノクターン第4番 ヘ長調 作品15-1
ショパン ワルツ第4番 ヘ長調 作品34-3「華麗なる円舞曲」
ショパン ワルツ第9番 変イ長調 作品69-1「告別」
ショパン ワルツ第8番 変イ長調 作品64-3
ショパン ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64-2
ショパン ノクターン第7番 嬰ハ短調 作品27-1
ショパン ノクターン第8番 変ニ長調 作品27-2
ショパン バラード第3番 変イ長調 作品47
ショパン ワルツ第2番 変イ長調 作品34-1「華麗なる円舞曲」


【2019年1月16日、 チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
アレクサンドル・ルーディン/ムジカ・ヴィーヴァ室内管


【2019年1月26日、 チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
モーツァルト ピアノ協奏曲第19番 ヘ長調 K.459
アレクセイ・ ウトキン/モスクワ室内管


【2019年2月8日、ラフマニノフホール】(Broadcast)
モーツァルト ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 K.493
マーラー ピアノ四重奏曲 断章 イ短調
グリンカ 大六重奏曲
オイストラフ弦楽四重奏団
アンドレイ・シンケビッチ(cb)


【2019年5月15日、サンクトペテルブルク・フィル大ホール】(Broadcast)
【2019年5月18日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
シューマン ノヴェレッテン 作品21 第8番
シューマン ダヴィッド同盟舞曲集 作品6
ショパン バラード第2番 ヘ長調 作品38
ショパン ワルツ第3番 イ短調 作品34-2「華麗なる円舞曲」
ショパン ノクターン第4番 ヘ長調 作品15-1
ショパン ワルツ第4番 ヘ長調 作品34-3「華麗なる円舞曲」
ショパン ワルツ第9番 変イ長調 作品69-1「告別」
ショパン ワルツ第8番 変イ長調 作品64-3
ショパン ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64-2
ショパン ノクターン第7番 嬰ハ短調 作品27-1
ショパン ノクターン第8番 変ニ長調 作品27-2
ショパン バラード第3番 変イ長調 作品47
ショパン ワルツ第2番 変イ長調 作品34-1「華麗なる円舞曲」


【2019年6月13日、チャイコフスキーコンサートホール】(Broadcast)
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品19
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
アレクセイ・ ウトキン/モスクワ室内管

ヴィルサラーゼ・プレイズ・ショパン・イン・ジャパン
ヴィルサラーゼ(エリソ)
Digital MediaLab.,Inc. (2000-01-25)

Author: funapee(Twitter)
都内在住のクラシック・ファンです。趣味は音源収集とコンサートに行くこと、つまりひたすら聴くだけ。演奏することにはほぼ興味・情熱はありませんが、それでもときどきピアノを弾いたり、バンドでドラムを叩いたりシンセサイザーを演奏したり、あるいは作曲・編曲をしたりします。more

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
↑もっとちゃんとしたクラシック音楽鑑賞記事を読みたい方は上のリンクへどうぞ。たくさんありますよ。

Spread the love