イギリス旅行記1

Spread the love


旅行の思い出、書けることと書けないことと当然色々ありますが、無難なことは書き残しておきましょう。冬はヨーロッパが安い(そして寒い)ということで、すごく安くいけることが判明したため、友人とイギリスに行こうということになったのであります。


行ったのが2010年なんですが、僕らの泊まったホテルはホテルアイビスアールズコートというところで、ここって2011年の映画けいおんで主人公たちが泊まったところ、いわゆる聖地ってやつなんですよね。ということで、聖地を先取りしてしまったとアニメファンには自慢して話しています。

けいおんの聖地ホテルアイビスアールズコート。
あの赤いバス。


ロンドン市内を観光しました。大江戸線並に狭いロンドン地下鉄、トラファルガー広場、テムズ川の川沿いからタワーブリッジ、ロンドン塔、ビッグベン、国会議事堂、そして移動してバッキンガム宮殿。初めてなので、とりあえず定番の名所を。ビッグベンのキンコンカンコンも聞けました。バッキンガム宮殿はユニオンジャックでなく王室旗でしたので、女王陛下がいらっしゃる日です。衛兵交代式は見れず……。

丸くてかわいいけど狭い
トラファルガー広場。きれいですね。
テムズリヴァーからタワーブリッジを眺む
これぞロンドン!って感じ
罰金ガム九電、バッキンガム宮殿
エンブレムかっこいい!


レスター・スクエア駅で降りて、チャイナタウンへ。横浜とか神戸に行ったら中華街行くのと感覚的には同じですね。もっとヨーロッパヨーロッパした感じのとこに行けばいいのかもしれませんが……。

これは普通に中華街ですね。


ということで、ピカデリー・サーカス駅とレスター・スクエア駅のちょうど間くらいにある、アイリッシュ・パブに行ってみました。これはヨーロッパっぽいだろー。O’Neill’s Wardour Stという安い店です。アイリッシュ・コーヒーとバーガー、チップス。アルコールを注文したらIDを出してと店員の兄ちゃんに言われてしまいました。やはり向こうの人からすると、アジア人は若く見えるんでしょうね。見せてあげたら、なんだ同い年かよ!みたいに驚いてお互いに笑いました。そんなもんよね。

アイリッシュ・コーヒー。うまい!
これはまあ、普通。


腹ごしらえも済んだところで、午後は美術館見学。ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツと、ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージックへ。楽器博物館と、ゴッホの特別展に行って来ました。こちらの見学の様子は別のページに書いていますので、どうぞご覧ください。


Museum of Instruments Royal College of Music(王立音楽大学)
THE REAL VAN GOGH Royal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)


おまけの写真、行けなかったけど外観だけのロンドン自然史博物館、そして打楽器好きは思わず反応するはずのゲインズボロー。

夕暮れの自然史博物館。
やはり打楽器好きとしては。

Author: funapee(Twitter)
都内在住のクラシック・ファンです。趣味は音源収集とコンサートに行くこと、つまりひたすら聴くだけ。演奏することにはほぼ興味・情熱はありませんが、それでもときどきピアノを弾いたり、バンドでドラムを叩いたりシンセサイザーを演奏したり、あるいは作曲・編曲をしたりします。more

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
↑もっとちゃんとしたクラシック音楽鑑賞記事を読みたい方は上のリンクへどうぞ。たくさんありますよ。


Spread the love