ベートーヴェン:交響曲第7番 第2楽章 テーマと変奏

ジャック・ルーシェ・トリオ:ベートーヴェン 交響曲第7番 第2楽章 テーマと変奏


これからたまには番外編という形で、色んな特集を組んでみようかなあと予定しています。


ということで第1弾は、ジャック・ルーシェ・トリオについて。
ジャック・ルーシェはフランスのピアニスト・作曲家で、クラシック音楽をジャズ風に解釈・アレンジした演奏で有名だ。
中でもバッハの演奏は有名で、高い評価を得ているが、バッハはもう少し後に紹介することにして、ここは敢えてベートーヴェンを取り上げたい。
ベノワ・デュノワイエ・デ・セゴンザック(ベース)、アンドレ・アルピノ(ドラム)と共演した、第三期ジャック・ルーシェ・トリオの中でも、かなりクラシック音楽寄りな演奏が光るものと言える。
ベートーヴェンの第7交響曲の2楽章を、ジャズ風にアレンジした変奏曲。この楽章はシューマンも変奏曲にしているし、ワーグナーが「不滅のアレグレット」と評した、2楽章単独でも多くの者を虜にするほどの力を持つ楽章である。


ジャック・ルーシェのエスプリは第7変奏と言えるだろう。月光ソナタのパロディを含んだアレンジは、テーマであるアレグレットと絶妙の調和を見せる。
とはいえ、この変奏はジャック・ルーシェのピアノオンリー。そこがクラシカルで絶妙なのだが、やはりトリオならではの味を十分に堪能したい。
ラテン・ジャズ風にアレンジされた第5変奏、フュージョン・ジャズ風にアレンジされた第8変奏は、アンドレ・アルピノの切れのあるリズムが魅力的だ。
第4変奏は典型的な夜ジャズ。ベノワ・デュノワイエ・デ・セゴンザックのベースが奏でるアレグレットは、ベートーヴェンもびっくりのお洒落スタイル。
ややクラシカル寄りとはいえ、ジャズの名盤として数えたい1枚。

ベートーヴェン:交響曲第7番 第2楽章 テーマと変奏 ベートーヴェン:交響曲第7番 第2楽章 テーマと変奏
ジャック・ルーシェ,ベノワ・デュノワイエ・デ・セゴンザック,アンドレ・アルピノ

ユニバーサル ミュージック クラシック
売り上げランキング : 467633

Amazonで詳しく見る by AZlink