アイカツフレンズ!のCDについて語る その4

Spread the love


【序文】
このブログは基本的にはクラシック音楽について語るブログだが、どうしても記しておきたいと思うに至ったものについては、ここに記録して残しておこう。アイカツスターズ!の曲紹介記事を2017~2018年に書き2020~2023年にアイカツ!の曲紹介記事を書き続いて未来へのSTARWAYのCD記事を書いたところで一段落。しかし、必ずや全シリーズの楽曲についてブログに書くぞという熱意だけは持っており、また2023年はアイカツフレンズ!の5周年ということで、ついに「アイカツフレンズ!のCDについて語る」記事へと一歩踏み出すことにした。自分でもヤバい予感しかしないが、まあ良いだろう、全シリーズ制覇に向けてどーんとコイ!の精神で臨みたい。なお、前提として、僕はクラシック音楽オタクではあるがアニソンオタクでもないし、アニメオタクでもないと思っている。ネット上の他記事と内容かぶったらゴメンナサイ。あ、ネタバレ注意。


TVアニメ/データカードダス『アイカツフレンズ!』新OP/EDテーマシングル
01:そこにしかないもの
歌:あいね・みお from BEST FRIENDS!
作詞:松原さらり(onetrap) 作曲・編曲:Mitsu.J(Digz, Inc. Group)
02:プライド
歌:カレン・ミライ from BEST FRIENDS!
作詞:松原さらり(onetrap) 作曲:片山将太, 藤末 樹 編曲:片山将太
03:みつけようよ♪
歌:舞花・エマ from BEST FRIENDS!
作詞:松原さらり(onetrap) 作曲・編曲:Mitsu.J(Digz, Inc. Group)


アイカツフレンズ!1年目後半のOP/ED、公式には「思わず口ずさみたくなるようなポップでキャッチーなひたすら真っ直ぐなOPテーマと、強く気高く、想いをぶつけるように歌いあげるEDテーマ」と紹介されている。その通り過ぎて言うことなし。スターハーモニー学園の制服ってかわいいよね。いわゆる「アイドルの制服」の変遷も感じる。


そこにしかないもの
もう公式がポップでキャッチーでひたすら真っ直ぐと言っている通りで、特にそれ以上ああだこうだ言うこともないのだけど……オープニングに相応しい明るい曲で、バックで強調されるリズムも飛び跳ねるようでかわいい。あとピアノが良いよね、元気出るよね、ああいう連打って。そんな軽やなノリに合わせて、オープニング映像もステップする足元から入る、納得。歌はあいね(CV:松永あかね)&みお(CV:木戸衣吹)、あいねの歌が超進化していてとても良い。その1では女子大生とカラオケ行った気分と書いたが、ここではもう完全なるアイドル。これぞアイカツ。シンプルでキャッチーなメロディでとてもフレンズらしいので藤末曲かと思ったが作編曲Mitsu.Jであった。この曲はやはり、作中でみおが作詞したという設定なのが重要である。37話のクリスマス回、みおがあいねにプレゼントとして詩をあげるという、視聴者から「重い女」と言われ続ける湊みおの真骨頂がこれであり、ネット上でも盛り上がっていたのを思い出す。重い女と言われるわりには曲調だけでなく歌詞も軽快な雰囲気で、みおにしては重くないぞ、おかしいぞ、と思いつつ、「やはりあのどーんとこいな彼女に向けて書くと重い女もこんな詩が書けるのか……」とサビの“ラフに楽歩楽歌楽々ライフ”を聴いて思うなどする。松原さらりの作詞段階でみお詩の設定があったのかどうか知らないけど、僕はサビのみおっぽくなさを「あいね感」として捉えて楽しんでいます、というお話でした。まあフレンズは二人で一つだからね。みおの重い女エピソードとしては31話、活動休止したピュアパレットが再結成した際の「みおって呼んで」ですよね、その後の鐘→鳩の流れは最高、何を見せられているんだ、アイカツで鳩が飛ぶのなんて伝説のスタートダッシュセンセーションだぞ、とぶつぶつ言いたくなる例の鳩のシーンもしっかりOP映像に出ている。ステージ使用は意外と少なく、多分42話のみ(このステージのアイカツシステムの会場がミラノのスカラ座みたいな雰囲気)、このステージでDメロを持ってきたのはとても良かった、普段OPで聞かない部分で短いDメロだが大変効果的だった。なお、2019年2月にはANAとJALの国内線機内オーディオでこの曲が聴けたらしい。2019年2月と言えば、オケカツ初回が行われた時期でもある。この初回があったからこそ、最高の2ndが実現したんだよなあ。続けるのって大事ですね。


プライド
ラブミーティアの二人、神代カレン(CV:田所あずさ)と明日香ミライ(CV:大橋彩香)の持ち歌で、フレンズ2番めのエンディング曲。Believe itがキレキレだったので、今度は奇を衒わず直球で来た。この直球が鋭く重い。速い四つ打ちで編曲も凝っていて、音色もかっこよく、ここぞで効くギターもいいし、音圧も良くてブチ上がる。しかしこの曲は……音楽オタクという観点で何か言ってもまあ仕方ないというか、普通にかっこいい曲ですということで、僕ももう、一端のアイドルオタク(厳密にはアイカツのフアン)という観点で言おうか、フレンズの「プライド」、蓋し名曲である。アイドルの楽曲は、耳の肥えた音楽オタクが音楽そのものだけ取り出して熱く語れるようなものもあれば、「何を語るかではなく誰が語るか」的に人間全体を含めて熱く語れるようなタイプの曲もある。もちろんその両方を兼ねたり両方無かったりするものもあるが、ミクロ視点で評することも総体として評することも、僕はどちらもアリで大事な目線だと思っている。要は、この曲はラブミーティアが歌うことのパワーの大きさが重要であり、そこにおいては変化球的な楽曲では活かされない、フレンズの象徴でもある「普通のアニソン」的な良曲でこそ最も活かされる魅力が存在するということだ。そういう「いらんことしたらいけない」という意味では「SHINING LINE*」と似た魅力の出方でもある。けど、あまりバトルする描写のなかったフレンズでは特に貴重な戦う音楽であり、高みを目指し研鑽する音楽、いわば「ヒラリ/ヒトリ/キラリ」であり、自分を超える相手を求めて後輩を育てて戦って最終的には自分を倒させるという神崎美月イズムの、フレンズにおける顕現なのである。それを、田所あずさと大橋彩香が歌うことの意味の大きさたるや!ああ! 今までもよく書いてきたような「フレンズ的」音楽でもあり、それ以上に「アイカツ的」な曲だ。もう一歩踏み込んで書きたいな……ここでは「音楽自体は普通だけどアイドルを文脈的に理解して聴くと良い曲」という事実に加えて、やっぱり僕は、熱い熱量を持った歌詞とそれを真摯に伝える二人の歌唱が、シンプルで高品質な楽曲の持つ音楽の力を何倍にも何倍にも膨らませ、文脈的理解の先に到達するような、そんな音楽だなと思っている。多分、アイカツを知らない人が聴いても何か訴えてくる曲だと思うし、楽曲分析のような作業を無に帰すだけの知識云々を超えた圧倒的パワーがあると思う。本当に。あくまで僕の個人的な好みとしては、美月さん系のアイドルは別段好きではないので、このブログでも他の曲に比べると大したこと書いてこなかったかなと思うんだけど、「プライド」はその系統のアイカツ音楽の極致だと思うので、ちょっと熱く書いてみた。推しや好み問わず、フレンズが好きな人はきっとみんな好きな曲だと思う。


みつけようよ♪
いやあ、好きだな~、ハニキャのこういうのって本当、良いよね。そりゃ「プライド」は名曲だけどね、僕は好みで言ったらハニキャ好きよ(笑) 歌は日向エマ(CV:二ノ宮ゆい)と蝶乃舞花(CV:美山加恋)、僕、おじさんなんでよくわかんないんですけど、多分K-POPっぽいんだよね、これは。K-POPっぽいというか、韓国アイドルっぽいというか。小さいお友達に寄り添う音楽のピュアパレット、強い強いラブミーティア、オシャレ担当のハニキャ、必然、そういう音楽もやるよね。全然K-POPには詳しくないけど、イントロは少女時代のMR.TAXIみたい。舞花のカムヒアとエマのレツゴーも最初っから最高、もうここ聴くだけで笑顔になる。かわいい。メロディ全体的にそうだけど、特に合いの手の日本語イントネーション無視した音程が大変にK-POPの日本語歌詞っぽくて面白い。合いの手、舞花なんですけど、僕、舞花好きなので、マジでたまらんっすわ。うーん、やばいね。歌詞もファッション・コスメ系ワードが散りばめられて、おじさんが聴いていて申し訳ない気持ちになる度合いは「おねがいメリー」並である。Bメロでビート止めてしっとり歌うあたりも、本当、K-POPっぽい。ステージだとここの舞花の表情がめっちゃいいんだよね。はあ。いや、エマもめっちゃかわいいけどね。今までこういう曲が無かったのが不思議なくらいだが、まあでも、無いのは無いで、なんとなくわかる気もする、世界観的にね。フレンズにて、ついに解禁、この二人ならいけると見た、ってやつか。かわいいもんなー!

MR.TAXI / Run Devil Run
少女時代


アイカツフレンズ!のCDについて語る その1(2023年5月19日)
アイカツフレンズ!のCDについて語る その2(2023年6月17日)
アイカツフレンズ!のCDについて語る その3(2023年7月31日)
アイカツフレンズ!のCDについて語る その4(2023年8月29日)

TVアニメ/データカードダス『アイカツフレンズ! 』新OP/EDテーマ「そこにしかないもの/プライド」 (特典なし)
BEST FRIENDS!


ここまで読んでくださった方、この文章はお役に立ちましたか?もしよろしければ、焼き芋のショパン、じゃなくて干し芋のリストを見ていただけますか?ブログ著者を応援してくださる方、まるでルドルフ大公のようなパトロンになってくださる方、なにとぞお恵みを……。匿名で送ることもできます。応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。励みになります。

Author: funapee(Twitter)
都内在住のクラシック音楽ファンです。コーヒーとお酒が好きな二児の父。趣味は音源収集とコンサートに行くこと、ときどきピアノ、シンセサイザー、ドラム演奏、作曲・編曲など。詳しくは→more

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
↑もっとちゃんとしたクラシック音楽鑑賞記事を読みたい方は上のリンクへどうぞ。たくさんありますよ。

Spread the love