アイカツフレンズ!のCDについて語る その6

Spread the love


【序文】
このブログは基本的にはクラシック音楽について語るブログだが、どうしても記しておきたいと思うに至ったものについては、ここに記録して残しておこう。アイカツスターズ!の曲紹介記事を2017~2018年に書き2020~2023年にアイカツ!の曲紹介記事を書き続いて未来へのSTARWAYのCD記事を書いたところで一段落。しかし、必ずや全シリーズの楽曲についてブログに書くぞという熱意だけは持っており、また2023年はアイカツフレンズ!の5周年ということで、ついに「アイカツフレンズ!のCDについて語る」記事へと一歩踏み出すことにした。自分でもヤバい予感しかしないが、まあ良いだろう、全シリーズ制覇に向けてどーんとコイ!の精神で臨みたい。なお、前提として、僕はクラシック音楽オタクではあるがアニソンオタクでもないし、アニメオタクでもないと思っている。ネット上の他記事と内容かぶったらゴメンナサイ。あ、ネタバレ注意。

TVアニメ/データカードダス『アイカツフレンズ!』挿入歌シングル4 Fourth Color:BLUE

01:みんなみんな!
歌:あいね・みお from BEST FRIENDS!
作詞:松原さらり(onetrap) 作曲:石田秀登 編曲:Mitsu.J(Digz, Inc. Group)
02:Have a dream
歌:さくや・かぐや from BEST FRIENDS!
作詞:松原さらり(onetrap) 作曲:藤末 樹 編曲:片山将太
03:いっしょにA・I・K・A・T・S・U!
歌:あいね・みお・舞花・エマ from BEST FRIENDS!
作詞:松原さらり(onetrap) 作曲・編曲:Coffee Creamers(Digz, Inc. Group)


フレンズ前半を締めくくる挿入歌集、帯には「新しい色を見つけに――いこう、いっしょに!」とピュアパレットらしい文言。淡い色合いで素敵なジャケット。メイクしてほしくてたまらないのと、メイクしてあげたくてたまらない二人、仲良さそうで非常に微笑ましい。


みんなみんな!
ピュアパレットの持ち歌で、歌はあいね(CV:松永あかね)&みお(CV:木戸衣吹)。アニメでは結構初めの頃から使われていたけど、CD収録は遅め。良質なシンセ・ポップという感じで好みである。サウンドも洗練され過ぎず野暮ったくなり過ぎないところで、メロディもコード進行も現代最先端と言うよりちょっと古い、平成前半のアニソン(特にエンディング)のような雰囲気がある。作曲者の年代だろうか。ほら、イントロとかレイアースのエンディングっぽいじゃん、あー、イントロだけかな……このギターのリフが良いよね。まあでも「明日への勇気」も「ゆずれない願い」も、あと個人的には「晴れてハレルヤ」とか「DAN DAN 心魅かれてく」とかね、ピュアパレに歌ってほしいですよね。そんな曲を思い出しただけで、別に「みんなみんな!」がめちゃ古臭いわけではないです。イントロでクラップを誘う、このライブ感、いいね、ピュアパレっぽいよね。全体的にリズムもメロディも易しく、小さいお友達に寄り添った曲。個人的に好きなのは2番Bメロの「四人なら心強い」のところ、結構歌いづらいと思うけど、この「心強い」のあいね、かわいい。「みんな」と「We are!」で韻を踏んだり、Dメロで最後少しだけ早口になるところや、その後の落ちサビで夢幻的なサウンドになるところなど、各所のこだわりも素敵だ。

明日への勇気
吉成圭子

ゆずれない願い
Naomi Tamura

晴れてハレルヤ
奥井亜紀

DAN DAN 心魅かれてく
FIELD OF VIEW



Have a dream
アイカツフレンズ楽曲の中でも3本の指に入ると言っても良い、傑作中の傑作。よくこんな曲が生まれたなと、心の底から思う。物語風であまりにも素晴らしく完璧な松原さらりの歌詞と、藤末/片山らしさの真髄極まる音楽がマッチした、奇跡のような曲だ。アニメ本編でキャラ迷走を経て成長したリフレクトムーン、白百合さくや(CV:陶山恵実里)&白百合かぐや(CV:桑原由気)の二人の真骨頂でもあり、ゴシックアイドル的シリアスさと、ポンコツアイドルさくかぐのコミカルさが巧みに融合した、本当に良い音楽。まずイントロが素晴らしい、チェンバロと鐘がロックサウンドの上に乗る、しかも頭アクセントでゴリゴリのオンビート、有無を言わさないダサ格好良さ、これだ、これが欲しかったのだ、もうこの時点で過去2曲、バッハもショパンも優に超えている。サンプリングではない、これが私達なのだと訴えるようだ。Aメロの入りも良い、「ムカシソノムカシ」とおとぎ話の導入はさながらポエトリーリーディング、ハイとローの囁き声、鳥肌もの。ピアノのアルペジオも震わせる。Bメロでは一文字ずつ交互に歌う双子の妙技を見せる前半に、後半のギターはChica×Chicaを思わせるリズム、続くサビへと期待を膨らませる。サビ直前のCm6→Dもいかにも和風で大変良い。ここまで歌詞の内容が、月世界からアイドルに憧れ青い惑星にたどり着く、というところでサビに突入するのだが、地球で過ごす感想を歌っているサビは「をかし いとをかし この世は楽しい」と古語を用いて韻を踏む、最高の演出。それが演歌顔負けのド和風メロディで歌われる、これ以上ない完璧なサビだ。と思っているとすぐに「騒ぐ好奇心 創造のジェネシス」と、竹取物語のような古典の世界から突如飛び出る「ジェネシス」のワードセンス、脱帽。しっかり韻踏んでるし。「すごいなんて 月並みな言葉 それじゃ足りないくらいの毎日」と続く、こんなにも意味が深い「月並み」という語の使い方が今まであっただろうか。サビ後半もしっかりライミングし「音の架け橋 夢のごとし」ですか、いやはや、凄すぎる。この凄さは2番でも少しも衰えない。Aメロで登場する蓬莱の簪、燕の羽衣、龍の首飾りと、これは竹取物語をイメージしつつ、原典通りではなくアイカツのコーデ(カード)にありそうなファッションアイテムに寄せている。Bメロはこの曲の白眉だ。「咲くやこの花と詠って 輝きそめしと想い満ちて」で、さくやとかぐやの名前を使った歌詞にもうテンション爆上げ。まあ、かぐやちゃんはかぐや姫、さくやちゃんは木花咲耶姫から取った名前でしょうし、さくかぐのソロステージ前のセリフ(「月見ればさくやこの花夢舞台」と「月見れば輝きそめしかぐや姫」)を入れている訳だが、「咲くやこの花」は古今和歌集仮名序の難波津の歌なので、歌詞でもちゃんと「詠って」としたこだわりも良い。それぞれについて歌った後「結びついた絆はまた強くなる」と二人を歌う、これがフレンズだ。2番サビも1番に劣らぬ内容、「不思議なえにし きっとテレパシー」と双子らしさ、フレンズらしさを出し、1番では素敵な夢があると歌ったのに対し2番では叶った夢ここにあり、と。なんて素晴らしいんでしょう。ここで今まで絶妙な伴奏として歌を支えていたギターにも光を当てるギターソロ、シンプルなロックで格好良い。ベースもいいのだ、普通のオクターブだけど、ギターソロ裏でもサビでも、時々暴れていてアイカツ曲らしい。もう十分凄いんですけど、落ちサビ&ラスサビも神がかっている。スッとボリュームを落とし、しっとりした雰囲気、それでもきちんと韻を踏み「とても懐かしい 故郷の話 夜を明かし」と故郷の月を思う……からの!「あのうさぎは 今日もお餅つき」と、このシリアスな雰囲気で堂々と「おーもーちーつきー♪」と歌っちゃう、さすがだ、これこそがリフレクトムーンなのだ! なおバックではラスサビに向かって、バスとスネアが4つ打ちではなく2分音符でゆっくり「ドン、タン、ドン、タン」と餅をついている。そして最後はきれいに、地球でのおとぎ話のような出来事を月に帰って伝えようと締める。アイカツシリーズにはゴシックの名曲が数あるけれども、「フレンズらしさ」を以てそれらと真っ向勝負できるだけの魅力を持つ名曲だと思う。僕はゴシック曲なら圧倒的に「タルト・タタン」がお気に入りだが、「Have a dream」は負けず劣らずの傑作である。確かにね、Tarte Tatinという感じの、ヨーロッパのクラシカルなゴシックではない、それは当然、こちらはジャパニーズ・クラシカル、竹取物語だぜ、ちょっぴり焦がしたタルト・タタンなんて小洒落たもんじゃないだぞ、うっさぎもち、うさぎもっち、うさぎ!もち!だぞ! ね、イタズラ月とランデヴーなんてシャレたもんじゃないのこっちは、「きっと会いに来てね いつの日か」だからね、ファンは月まで会いに行くんだよ、おもちで月までいつか、行けたらいいな!

The Dark Side of the Moon (50th Anniversary Remaster)
ピンク・フロイド



いっしょにA・I・K・A・T・S・U!
ココちゃんの歌。ここではあいね(CV:松永あかね)、みお(CV:木戸衣吹)、舞花(CV:美山加恋)、エマ(CV:二ノ宮ゆい)が歌っている。ココちゃん、すなわちCV:諸星すみれが歌うバージョンはサントラに収録。38話だっただろうか、ココちゃんが最後にワンフレーズ歌うと、そこから背景と化してしまうのだが、確かテレビ見ながら「なんでや!ココちゃんの歌がメインだろうが!」と悔し泣きをしたのを思い出す。ココちゃん、もっと活躍してほしかったなあ、そうしたら10thとかのイベント見ても、田所あずさと大橋彩香がステージ衣装で立ってるのに何故ここに諸星すみれがいないんだ、と思うこともなかっただろう。この曲がどういうポジションの曲なのか、あまりわからないのだけど、やはり小さい子向けを意識して作られたのだろうか。小さい子でも歌える、踊れるようなものを意図していたのかもしれない。「みんなも一緒に歌おう!仲良く、手をつないで~♪」で子どもたちと歌えたら幸せな雰囲気ですね。曲は、作り手の意匠というか、こだわりや能力は伝わるのだけど、なぜか音色がチープで非常に限定的なのは、きっと何か訳があるのだろう。ココちゃんが慣れないDTMで頑張って作ったのかもしれない、MIDI音源を。ラララーの裏でポコポコ叩いてるウッドブロックがかわいい、ちょっとアフロっぽいリズムの雰囲気もあって好き。


アイカツフレンズ!のCDについて語る その1(2023年5月19日)
アイカツフレンズ!のCDについて語る その2(2023年6月17日)
アイカツフレンズ!のCDについて語る その3(2023年7月31日)
アイカツフレンズ!のCDについて語る その4(2023年8月29日)
アイカツフレンズ!のCDについて語る その5(2023年9月29日)
アイカツフレンズ!のCDについて語る その6(2023年10月27日)

TVアニメ/データカードダス『アイカツフレンズ! 』挿入歌シングル4「Fourth Color:BLUE」
BEST FRIENDS!


ここまで読んでくださった方、この文章はお役に立ちましたか?もしよろしければ、焼き芋のショパン、じゃなくて干し芋のリストを見ていただけますか?ブログ著者を応援してくださる方、まるでルドルフ大公のようなパトロンになってくださる方、なにとぞお恵みを……。匿名で送ることもできます。応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。励みになります。

Author: funapee(Twitter)
都内在住のクラシック音楽ファンです。コーヒーとお酒が好きな二児の父。趣味は音源収集とコンサートに行くこと、ときどきピアノ、シンセサイザー、ドラム演奏、作曲・編曲など。詳しくは→more

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ 
↑もっとちゃんとしたクラシック音楽鑑賞記事を読みたい方は上のリンクへどうぞ。たくさんありますよ。

Spread the love